3/26(木) その2 ターキン祭り

d0007234_613154.jpg

丘を下る途中にある『ターキン保護区』。ターキンとは牛のような動物で、ブータンでは国獣として大切に扱われている。通常は自然の奥深くに生息して道中に見ることは、まず無いが、保護区では、なんらかの理由により人手を必要とするターキンが数頭飼育されている。保護区はある程度の広さがとられており、フェンス越しに見学することができる。

ということで、以下ターキン萌え画像。


d0007234_6132676.jpg

d0007234_6133534.jpg

d0007234_6135133.jpg

d0007234_6141137.jpg

d0007234_6142232.jpg

d0007234_615629.jpg

d0007234_6152126.jpg




わおー、と見ていると、ひとなつっこいターキンは「なに?なに?」とこちらに近寄ってくる。草を食べるからと、ガイドのウゲンは適当に見繕って近くの草を摘んでくる(ターキンは、これ目当てで寄ってくるのかもしれない)。これ目的かたまたまなのか、フェンスの数カ所は穴が広がっていて、草をあげるのに都合よくなっている。おいでおいで。

d0007234_614459.jpg

でかいー。おとなしそうではあるが、草をはむっと噛んだあとの「よこせ!」という引っ張り具合が尋常ではない。これだけでかいと力も相当なのでしょう。

しばらくして、保護区の見学箇所をぐるっと一周すべく歩き出すと、フェンス越しにターキンがついてくる。おほー。立ち止まると向こうもぴたっと留まり、また歩き出すと一緒についてくる。うう、かわいい。しばらく一緒に歩いて水飲み場に着くと、彼は思い出したように水をごくごく飲みだした。するともう水に夢中。さみしい。じゃあねー。

d0007234_6154130.jpg

てくてく。ついてきます


d0007234_6155038.jpg

「よんだ?」




ちなみに、春頃はちょうど出産シーズンらしく、運よければちびっ子ターキンも見れるそうな。という情報に淡い期待を抱いていると、ちょうど少し前に子供が生まれたとのこと。

ふと見ると、子連れのターキン親子が居ました。おうー。さすがにフェンスには近寄ってきませんが、遠目に眺める。

d0007234_6184016.jpg

d0007234_618536.jpg

遠い!写真に収めるにはちと遠すぎました。



他にも、なぜか鹿が1頭同居していました。目が特徴。
(名前を失念)
d0007234_6181212.jpg



のんびり、ぐるっと一回りして見学終了。
名残惜しい!けど、次の目的地へと向かうのであった。
[PR]
by yoshi_nora | 2009-12-16 23:59 | 2009ブータン


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧