ホーメイ特訓クラス - 初日

d0007234_4431352.jpg
※写真と本文は無関係です。

ホーメイワークショップに参加してきました。ホーメイの基礎を身に付けることを目的とした全6回。以下、復習メモ。

▼習ったこと
(1)ホーメイとカルグラ:
・喉の使い方が大きく異なるので、どちらを目指すのかを明確にしておく。
・「カルグラ」の感覚つかめず。自分にとって比較的やり易い「ホーメイ」で練習する。

(2)カルグラ:
・声が決壊する境目の状態を一定に保って歌う。
・仮声帯を使って歌う。声帯が2回振動する間に仮声帯が1回振動することで、1オクターブ下の低音を鳴らすことができる。

(3)ホーメイ:
・まずは自分が一番発声し易い音程を探し、そこを基音に練習する。
・自分が出せる高い音のちょっと下の辺りの高さが最適。
・発声のスタイルは高/低の2つに大きく分けられる。
・低い発声の時は、喉を開いて発声する。
・高い発声の時は、声を飲み込むイメージで。地声を飲み込んで抑えることで倍音との音程差をつけて強調する。
 ⇒ぼく自身は「高め」のスタイルでまず練習。

(4)ホーメイの発声と音程:
・よくある「ウィーー」という表現は、ホーメイの発声には含まれず。
・トゥバの母音は以下のとおり。(ただし、日本語の発声に合わせた場合)
 ⇒オー
 ⇒エー
 ⇒ウー(or ユー)
 ⇒ンー
・「ンー」は他3つと異なり、それぞれと組み合わせてアクセントに使う。
 ⇒ンオー、ンエー、ンウー
・発音時の口の形は、唇をすぼませて舌を下唇に添える感じで。
・母音の変化で音程をつける。
・練習のときは「鳴らす」よりも「音程をとる」ことをこころがける。

(5)口腔
・口の中の空間の使い方を意識する。
・スグット(舌を上あごに付けて発声)などでも、舌の外~唇までの空間が大事。
・鼻腔も意識して発声する。

(6)その他
・全身を使って発声するが、あくまで身体はリラックス。壁にもたれるイメージ。
・楽器を併用すると音程の練習にもなるし、気分的にもよい。
・プロポリスは喉によい。

▼次回までの課題
 ⇒「ホーメイ」「高めの音程」のスタイルでまず練習。
 ⇒地声を飲み込んで抑える。(A)
 ⇒倍音を鳴らす。(B)
 ⇒(A)と(B)の差をつけることで、音を強調する。
 ⇒あまり練習したことのない「カルグラ」もちょっと練習したい。

以上、こんなところです。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-08-09 23:59 | ホーメイ


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧