山川冬樹ホーメイワークショップの見学

d0007234_5101962.jpg青山ブックセンターで行われている、山川冬樹さんのホーメイワークショップ特訓クラス(第二期)の見学に行ってまいりました。

本日は「エゼンギレール」という、舌を使って一定のリズムを刻む(主に馬の走るリズムを表現するそうな)テクニックの練習をしていました。ちなみにぼくはまだ習っていません...。いいなあ。と、思わずぐっと食いついてしまう。一定のリズムを入れることで、単純に「お"ぉ~~え"ぇ~ゅう"~」としているよりもお手軽に音楽的になったりして面白い。

ところで、最近ではワークショップ会場にてホーメイ関連のCDを取り扱っておりまして(※この辺)、思わず1枚購入する。

終了時、二期生の方々の発表会についてのお話。自分のことを思い出すとややヘコむ。発表会の日程は以下になります。入場無料なので、ぜひ足をお運びくださいませ。ぼくも(今度は観客として)観に行くつもりです。

■山川冬樹ホーメイワークショップ特訓クラス 第二期生発表会
2006年3月28日(火)
@青山ブックセンター青山本店 A空間(書店内奥)
19:00開演/入場無料

※ネット上では「20:00開演」となっているようですが、たしか19:00という話をしていた...と思います。

▼で、見学者なのに以下メモ:
・「エゼンギレール」は、舌を使ってリズムを刻むテクニック。
・舌の基本的な使い方は、言葉で「およよ」という感覚。の「よ」の部分。
・「よ」1回の動きでホーメイ発音時のポイントを通過する感じになり、一瞬倍音が強調される形となって音の変化が分かりやすい。
・「よ」の音の変化に注意すると、ホーメイでの発音ポイントのコツをつかみやすい。舌の上下運動1サイクルのうち、一番倍音が強調されるポイントを一定に保つことで、ホーメイとしての正しい舌の位置にもつながる。
・「およよ」は舌の動きであって発音にあらず。舌の動きを保ちつつ「お~え~う~」発音を切り替えることで色々な音を表現する。
・途中で「ん」という発音を交えることで、リズム感を更に強調する。この時の「ん」は口の形はそのままにすること。発声の出口を口&鼻と切り替えるイメージで。
・「ん」を交えた実践的テクニック。リズムを取りつつ一拍毎に「んーよよ」を繰り返す。

| んーよよ | んーよよ | んーよよ | んーよよ | ... |

おーこりゃおもろい。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-02-28 23:59 | ホーメイ


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧