「ほっ」と。キャンペーン

ボロット・バイルシェルのライブ at 横浜

d0007234_7285997.jpg←※出番を待つトプシュール

アルタイ共和国からボロット・バイルシェフ来日。低音喉歌で英雄叙事詩を綴る「カイ」を聴くべく横浜まで行ってまいりました。

開場直前くらいに到着。もう既に人が集まっていますなー。整理番号が早めだったので良いポジションをゲット。目の前にはトプシュール、ショールほか笛各種。テルミン、鳴り物、パーカッションなどなど雑多に並んでいて、見てるだけでわくわくします。

本日はボロットさんに加え、 巻上公一さん(声テルミンその他)と佐藤正治(パーカッション)のトリオの布陣。まずは巻上さん+佐藤さんのふたりでスタート。巻上さんのテルミンのアクションがかっこよい。Etherwaveに足元にはMoogのアナログエフェクター(か?)で繰り出すヘンな音とアクション。

次はお待ちかねボロットさん登場!残念ながらボロットスタイル(※下記写真)ではありませんでした...。まずはソロでのパフォーマンスで、静かな歌い出しからスタートです。ボロットさん今回が初見で、いきなりどかーん!とくることを勝手に想像していたので「あれれ」と思う。が、次第に会場中をゆっくりぐるーっと包み込むかのような感覚に。唄い終わると大喝采。ボロットさん丁寧に一礼。

続いて佐藤さんソロ~巻上さんソロを挟んでトリオでのパフォーマンスへ。事前の打ち合わせ無しでどのようになるか分からないと巻上さん談。出だしからの1曲はやや戸惑い気味かうまく噛み合わず、お互い何を演ろうという感じに。一旦流れが止まるとボロットさんが次の曲を歌いだす。と巻上さんもそれに呼応。この辺りからぐっと噛み合ってよい演奏になってゆく。口琴、オカリナのお化け、ショールなども披露して終了。

ショールという笛、ただの細い木の筒(に見える...)からとてもキレイな音が生み出されます。どういう原理なのだろう。ボロットさんのアルバムではショール+低音唄ですごい音を出していたりするので、これが聴けなかったのがちょいと心残り。

ボロットさんが首からぶら下げた口琴2つがぶつかって偶発的に鳴る澄んだ金属音がきれいでした。(が、ボロットさんは途中から気にして押さえていました)

で、アンコールのパフォーマンス前にちょっと休憩。物販を覗くと口琴やCD類販売中。ボロットさん持参という「アルタイ・アンサンブル」(違ったかな)CDを悩みつつ購入断念。どなたか購入された方は聴かせてください。

アンコールは再度ボロットさんソロ。の予定だったようだけど、ボロットさん希望であらためてデュオ、トリオでの演奏。この2曲が特によかったです。ボロットさんの声もどんどん調子があがっていき、パーカッションは別として、他の楽器類の音がかき消されるくらいのいきおい。

そして終了。
ボロットさんから会場に通訳さんを通してメッセージが伝えられて閉幕。
鳴り止まない拍手。

次の日、6/11(日)にも円盤に登場とのことで心揺らぐも行けずに断念。
今年中にもう一度日本で演奏の機会があるとのことです。
d0007234_22101660.jpg

[PR]
by yoshi_nora | 2006-06-10 23:59 | 音楽


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

人気ジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧