カルグラ暴走族

ホーメイ合唱団の初ライブ、Prayer一本勝負も無事終了。
お次の目標はカルグラ。
ここからNON-STOPです((C)素人の乱7号店)。

上記の合唱団練習中、お師匠さま?よりカルグラのコツを教えてもらう。
そのヒントを元に練習してみたりしております。感謝。

▼以下、私的グラメモ:
・カルグラは「咳払い」を続けるイメージとの表現をよく聞くが、咳払いの形が間違っていた。口の中が緊張状態のままの咳払いで、口を思うように動かせぬ悪い例。これは間違った喉声の状態にも通ずる気がします。喉から上はあくまで力を抜いたまま、喉の奥から吐き出す感じで。
・咳払いは、単発から複数回繰り返し、そしてそれらを徐々に繋げていって、長い咳払い状態に持っていく。
・上の咳払い状態に加えて発声。カルグラ=低いイメージだが声は普通でよい。
・発声時、喉~食道を押し広げる(ぼくのイメージでは前に押し出す)と、音が揃ってくる。

を踏まえて、少々グラ声が出る状態までになってきました。
が、口の形で音のコントロールなど、まだまだ先のお話のようで。
まだ無駄に息を吐き過ぎている感もあり、今後の課題です。

目指せAlbert Kuvezin。

ところで、情報収集も大事ということでネットも検索。
『Learn Kargyraa』ということでカルグラ解説ページを見てみる。

Sed's Khoomei Page - Learn Kargyrra

結果から申し上げますと、一番下「me」というサンプルというのがちょっとアレな感じですが、咳払いからカルグラへという過程をmp3で載せている点が面白いです。

また、途中「Be a Motor」というセクションではエンジン音の物真似が。
ワークショップ同期の方(カルグラできる)が以前、
「バイクの口真似をよくやっていた」と言っていたのを思い出す。

再生。ぽちっ。

ぶーん!ぶんぶんぶぅーん...、

...。

もひとつ再生。ぽち。

ぶぶぶーーん!ぶうぅーーーん!ぶんぶんっ!

...。

ああ、いかん。。真面目に解説のためにサンプルを用意してくれているのに。。
間違った衝動が。。

だめだ。がまんできん。
サンプルを全部開く。

同時に再生。

ぶーん!ぶんぶんぶぅーん...、
ぶぶぶーーん!ぶうぅーーーん!ぶんぶんっ!
ぶおんぶおーーーーん!!

ああ、すっきり。

すみません...。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-24 23:59 | ホーメイ


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧