喉の調子≠ホーメイ(体感) そして告知

d0007234_065643.jpg
※前半部分は事実無根の戯言と流してください

「毎日ホーメイ」

「喉が荒れる」

「声の調子は良い」

が、

「風邪をひく」

「薬を飲む」

「身体の治癒機能が働く」

「喉もよくなる」

「ホーメイの調子が悪い」

てな話を伺ったのがつい先週の話。なんじゃそりゃー。
などと思ったりもしましたが、そんなところでやってきた今週。

風邪なのかインフルエンザかノロウィルスか?
体調を崩してしまいまして、寝込んで薬の服用いたしました。
一晩経つと上がった熱も平熱に落ち着き、
なんかね、喉がツルっとした感じになりましたよ。

で、その結果、、、喉声もカルグラもひっじょーに調子が悪いです。
ひっかからない感じ。
薬の理論が正しかったのか、それを聞いたぼくの思い込み?
はたまた単純にまだ体調が悪いだけなのか...。
ぼくははっきりと自覚できるくらい思い込みが激しいのですが、たぶんそれです。。
と割り切って、、、

そんなこんなで告知です。
こんな状況ではございますが、今週末に唄います。

世界の民族音楽を聴く レクチャー&コンサート
12月16日(土)
明治大学駿河台校舎 大学館8階
Open/ 13:30
Start/ 14:00~16:30 
Price/ ¥1,000 (※要事前予約・03-3296-4423・先着180名くらいまで)
出演/ 徳久ウィリアム、桜井真樹子、直川礼緒

https://academy.meiji.jp/ccs/top/06sekaiminzoku.pdf

内容の方は、世界の様々な倍音唱法や倍音楽器の紹介など行います。
ワタクシめは「チベット声明」「天台声明」「Xhosa族合唱」などに参加予定です。

本編から逸れますが、このレクチャーコンサートは数回に分かれている模様で、
少々前にはニッケルハルパのお披露目があったそうで。
ニッケルハルパはスウェーデンの民族楽器のことで、これとかこんな感じの
北欧のサーランギと呼ばれる(今ぼくが考えました)ステキな楽器です。
うおー観たかったですー。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-12-14 23:59 | ホーメイ


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧