<   2005年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

京都逃避行最終日(仮)

本日で京都旅行最終日。
もう帰宅していますが、とりあえずルートメモ。思い出メモとも言う。

起床、チェックアウト

六波羅蜜寺へ。狭いスペースながらも空也上人(みうらじゅんイチオシ)、平清盛、閻魔大王他、充実した内容。

鍵善良房(高台寺)へ行く。ぎりぎり開店時間前だったが入れてもらえる。葛きりを食す。うまい。

自転車を置いて二寧坂、三年坂を通り清水寺へ。溢れる修学旅行生。

疲れてイノダコーヒーへ。喧騒を逃れる。

自転車まで戻って円山公園へ移動。いもぼう平野家本家でいもづくし。

食い過ぎ

一澤帆布へ。ひとつ欲しいのがあったけど、散々悩んで保留(血液型O型)。カタログだけ貰う。

祇園の端っこに自転車停めて、以下歩き。

錦市場へ行って焼ポン(栗)購入。

祇園に戻っておみやげ購入。

乳酸たまり気味。またコーヒーで一服。

一澤帆布で見たかばんが気になる。

やっぱり一澤帆布へ向かう。

途中、おみやげにカマボコ購入。

一澤帆布でまた悩んだ末、やっぱり購入。レジお願いするとカタログくれたおねえさん。赤面。「すぱっと買える」を来年の課題にする。

京都駅を目指す。

途中、100%旅行者風情のぼくが、100%旅行者風情のおばさんに道を尋ねられる。ガイドブック片手にクリア。

京都駅。レンタサイクルを返却する。ありがとうございました。

京都タワーへ行って1階おみやげコーナーを散策。修学旅行生がジッポかなにか?得体の知 れない金属物体を、嬉しそうにおみやげに購入しているのを興味津々に見学。昔を懐かしむ。

新幹線に乗車。京都を離れる。

実家におみやげ届けて帰宅

整体なんて行っちゃったり。

▼総括:
・自転車も3日目となると疲れ気味。
・宿泊先は目的地近くにしておいた方が無難だった。
・京都タワーの異空間はおあずけ。いずれ上階にも足を踏み入れたい。
・レコード屋とかチェックしておけばよかった。

以上。

明日より音楽関連の話題メインに戻ります。。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-31 23:59 | 日常

京都逃避行2日目(仮)

※引き続き京都滞在。後日直します。

昨日に引き続き自転車で巡る京都。意外と回れてしまうものですねえ。

以下、ルートメモ。

疲れて寝坊

伏見のホテル出発

東寺で薬師三尊に感動

桂川に向かう

途中、自転車屋に立ち寄り、おみやげに真鍮の自転車ベル購入

桂川を北上

嵐山到着

豆腐定食を食する

天龍寺に行くが、平日には雲竜図を公開しておらず断念

広隆寺へ。仏像見る。

きぬかけの路へ出て北上

龍安寺で石庭を見る

金閣寺へ。すごい人気。

上賀茂神社方面へ。なり田ですぐき漬け購入。

河原町へ向けて南下。途中みたらし団子で休憩。

鴨川をずんずん南下

河原町到着。そばを食す。

草履購入を画策するも、値段に完敗して断念。

鴨川を南下。ホテルへ戻る。

▼総括:
・自転車でも割と回れちゃうものだ。
・本日の感動は東寺の薬師如来。
・平日だけど修学旅行でちょっと混雑。
・疲れた。

明日で帰る予定。仕事が待っている..。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-30 23:59 | 日常

京都逃避行1日目(仮)

※携帯から更新テスト。後日直します。
新就職先での仕事を前にぶらっと京都に。レンタサイクルで京都の街を散策。

以下、ルートメモ。

京都

本願寺ふたつ

三十三間堂

祇園散策

"いずう"で鯖すし

平安神宮

京都市動物園が混んでたので止めとく

真如堂を目指す

道に迷う

北上するつもりが南下

気がつけば山科

悔しいので、わらび餅・羊羹・最中を頑張った自分へのご褒美として購入

更に南下して山を迂回

稲荷駅

この期に及んでまだ迷う

宿泊先到着

疲れた

▼総括:
・10年前に来た時と違うのは、寺や仏像を見るのが楽しくなっていること。大人になったなあ。
・三十三間堂で感動。
・日曜だからちょっと混雑。
・疲れた。
・わらび餅うまい。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-29 23:59 | 日常

Yo La Tengo - The Sounds of Science Show

d0007234_23264910.jpg

ヨラテン祭り2日目。

昨日に引き続き、ラフォーレミュージアム六本木までYo La Tengoのライブを観に行きました。今日はフランス映像作家Jean Painleve'の海洋生物フィルムとのコラボレーションということで、期待大。

ライブ開演、フィルムが流れる中、演奏が淡々とスタートする。ステージは基本的に中央のスクリーンに映し出されるドキュメントフィルムが主役で、Yo La Tengoの面々はあくまでそれに音を付け加えるというスタンス。

イソギンチャク、ウニ、クラゲ、タツノオトシゴ...(みんな好き)様々な海洋生物の映像が流れる中、幻想的な演奏が繰り広げられる。が、決して演奏が映像の邪魔をしないところが好感触。フィルムの内容が良くて、内容にぐいぐい引き込まれていきました。ただ、画面左右に対訳が流れるものの時々切り替えが早過ぎて読みきれないことあり。ちょっと残念。

▼総括:
・海洋生物の生態の幻想的な姿を堪能できました。どの生物にも共通して言えるのは、生殖行為が神秘的だということ。
・Yo La Tengoの演奏もそれに負けず幻想的でした。
・不勉強ながらカエデ(?)という生物の存在を知りませんでした。ダンスのような不思議な動きをする生物。要補習。
・周りに眠そうな方多数。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-28 23:44 | 音楽

Yo La Tengo Live at CLUB QUATTRO

d0007234_2363075.jpg

ヨラテン祭り初日。
本日はCLUB QUATTROまでYo La Tengoを観に行ってきました。

今回の来日では「Rock Show」と「Film Show」と題して、それぞれ通常のライブと海洋生物の映像と合わせて演奏する2種類の形態をとっています。本日は「Rock Show」で通常のライブ形態でした。

会場へは開演時間を過ぎた頃に到着、既に沢山お客さんが入っていて、後ろの壁にへばりついて観ることに。柱がすごくジャマ。ぼくにその力があったら切り倒したい。

ライブの方はというと、期待通りのとても良い演奏を見ることができました。3人が楽器やパートを替えつつも、Yo La Tengoらしさを全開に感じさせる激しさと美しさを併せ持った演奏。特に中盤以降、"Tom Courtenay"~"Blue Line Swinger"へと続いた辺りでテンション最高潮。"Decora"も聴けて、アルバム「Electr-O-Pura」好きの身としては只々感動。途中、3人前に並んでダンス付きで歌ったりとオチャメな面も見せて、終始あったかい和やかな空気に包まれていました。

▼総括:
(1)とてもよかった。
(2)柱がジャマ。
(3)Jamesは思った以上にでかかった。
(4)Iraが舞台ソデに引っ込む時の手を振る仕草が乙女チック。

明日は引き続き「Film Show」。個人的にこちらの方が興味深いので楽しみ。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-27 23:59 | 音楽

lullatone、6月に東京にてライブ

d0007234_10133314.jpg

ミニマルで優しい音楽を奏でるパジャマ・ポップ・アーティストLullatoneが6月に東京でライブを行うとのことです。

6月25日 (土曜日) @ UPLINK FACTORY
TWOLINES presents "cloudy wednesday sky is too high"
開場 : 18:30
開演 : 19:00
料金 : ¥2,500 (要予約、1ドリンク付き)

なお、メールでの事前予約が必要となります。

おまけ:
TELEKMUSIK.comさんにて、Lullatoneのライブ映像がありました。他、harpy、トクマルシューゴ、イトケン、asuna、朝生愛などなど...豪華盛り沢山の内容です。

▼参考リンク:
Lullatone
UPLINK FACTORY
TWOLINES
TELEKMUSIK.com
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-26 10:37 | 音楽

番外編:万国博覧会に行ってきた

d0007234_114076.jpgd0007234_114993.jpg

本日、愛知で催されております万国博覧会に行って参りました。

万博のニュースを見ていると、ぼくの世代ではちょうど小さい頃に催されていた筑波科学博を思い出します。そしてぼくは当時それに行けずに残念な思いをしたので、この際、その鬱憤をすっきり晴らしてしまおうという計画です。自然の尊さを訴えるために山を開墾してたり、WWFジャパン&日本野鳥の会&日本自然保護教会とケンカしてたりすることには目を逸らしつつ。大人ってずるい。

今回は、やはり万国博覧会ということで、企業は置いといて各国のパビリオンを見て回ってきました。色々な国の歴史や文化、生活、食文化(重要)に触れることができて楽しかったです。

そんな中、チェコ共和国パビリオンが楽器と音をコンセプトにしていて興味深かったです。館内には水ピアノ、水オルガンからパイプ鉄琴、巨大なレインスティックなど様々な音を奏でるものや、影絵、万華鏡など視覚的な仕組があちこちに置かれていて、それぞれ自由にいじることができるようになっています。単純に音を出すことを楽しむことができ、更に館内で鳴らされる各々の音が混じった空間がまた心地よい。もし万博に訪れる機会がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。

※写真撮り忘れるほど遊んでしまったので、チェコ共和国webでの写真

▼反省点:
未だに「チェコスロバキア」だと思っておりました。
恥。バカばか馬鹿。反省。
補習

その他、

▼印象的だったもの(1):
d0007234_12729.jpgフィリピンのマスコットキャラクター、コーコーくん。

▼印象的だったもの(2):
d0007234_128143.jpgスイス版アルプスの少女ハイジ。

▼おみやげ:
d0007234_9572776.jpgコーヒー豆×2。左からウガンダ共和国産、ブルンジ共和国産。どちらも美味しい。
ウガンダ産の方は日本でも購入可とのことでした。
勝原コーヒーさんにて取り扱い)

▼総括:
博覧会会場の宝くじ売り場にできていた行列を見て、すごいなあと思いました。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-25 23:59 | 日常

最近のKev Hopper動向

d0007234_12844.jpg
エレクトロニカ好きなノコギリ奏者はみんな大好きKev Hopperからアルバムが立て続けにリリースです。試聴した限りでは、今回はいずれもエレクトロニカ寄りでミュージカル・ソーの演奏は少なめ、と思われます。


d0007234_183796.jpg

(1)TICKLISH - Here Are Your New Instructions

TICKLISH are:
・Kev Hopper - sound
・Phil Durrant - sound
・Rob Flint - image

まず1枚目は、Kev Hopperの参加するTICKLISHがTextile Recordsからアルバムをリリースです。TICKLISHは映像を含めたサウンド・ユニットで、今回のアルバムはエンハンスドCDとして、ビデオも収録されている模様です。ホームページから1曲試聴できます。

で、さっそくAmazonで買おうとしましたが売ってませんでした。


d0007234_1103971.jpg

(2)Kev Hopper - I Saw Spoombung's Daughter Consumed By Kirby Dots
もう1枚はKev Hopper(Spoombung?)名義としてのニューアルバム。こちらは2曲試聴できます。いずれもKev Hopperらしい幅広い音の配置のエレクトロニカです。良い。「I Had Some Shoulders」という曲では、愛娘コニー嬢の歌声もフィーチャーされています。

で、さっそくAmazonで買おうとしましたが売ってませんでした。

ニュースを見る限り、Kev Hopper名義の方はAFTERHOURSからリリースがあるみたいですね。5月上旬、、もう過ぎているようですが。。

▼参考リンク:
Kev Hopper公式サイト
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-24 23:59 | 音楽

Tiny Tim Lives On

先日のRoy Smeckの件で個人的にすっかりウクレレブームな訳ですが、ウクレレ弾きの永遠のアイドルといえばやはりTiny Tim。ちょっとした動画があったので以下に。


d0007234_11471238.jpg

(1)Karlin's Notebook: Tiny Tim Lives On
「Tiny Tim Lives On」という本が出版された時のニュースと思しき画像。ページ中ほど左側の「Video: Tiny Tim Lives On」をクリックすると見れます。ぼくは残念ながら英語が分からないので、「He is not Gay.」くらいしかヒアリングできませんでしたが、ファルセット・ボイスで歌いながら街を練り歩くTiny Tim(なぜか紙袋を片手に)を楽しめます。おばさんに怪訝な目で見られてますよ!


d0007234_1149269.jpg

(2)Tiny Tim Sings
Ukulele Dinnerより。Tiny Timの歌う姿がちょっとだけ見れます。スィートな歌声。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-23 10:06 | 音楽

ゆらゆら帝国 - sweet spot

d0007234_1145899.jpgゆらゆら帝国 - sweet spot
気がつけば2年振りのゆらゆら帝国ニューアルバム。前作「しびれ」と「めまい」は方向性が多岐に渡っていて賛否両論だったりしましたが、今回はHalkwindやBlueCheerのようなヘヴィーサイケな方向性に集約されています。個人的にはしっとりした歌も聴きたかった。

それにしても、坂本慎太郎氏はやはりM-5「タコ物語」みたいなエロ歌詞がしっくりくるなあ。今回はエロ度ちょっと抑え目です。

▼参考リンク:
ゆらゆら帝国
[PR]
by yoshi_nora | 2005-05-22 23:59 | 今日の1枚


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

人気ジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧