<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お金で買えない価値がある


My blog is worth $564.54.
How much is your blog worth?


あなたのBlogはハウマッチ?URLを入れるとドル建てで換算いたします。
当サイト(間借りだけど)を試してみたところ、「$564.54」と査定されました。ビミョー。

じゃあ564.54ドルだと日本円で幾ら位になるのよ。ということで、おなじみGoogle登場。
d0007234_0402533.jpg
6万5千円。これでタクシーに乗ったら彼の地まで辿り着けるだらうか。
d0007234_0442960.jpg
ちなみにペソ換算だと30万オーバー。
ペソ換算してしまうのは、世界まるごとHOWマッチ世代の悲しい性なのです。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-31 23:59 | 気になる

ヒネモス&ブリキサーカス、みそキャベツ

d0007234_7423118.jpg
朝起床。不燃ゴミ出しと、細々と続けているホーメイ練習のため環七歩道橋へ。今日はまた天気が悪い。

新宿でもろもろ用事を済ませたあと、「TIN TOY CIRCUS MARCHIN'ON」というライブを観に吉祥寺へ向かう。今日はファンファーレ・チョカリーアとも共演した(!)ブリキサーカスfrom京都と、迎えうつはトイ鼓笛隊ヒネモスが出演。

早めに吉祥寺に到着。時間があまって何年かぶりの吉祥寺タワレコへ。色々物色、満点ポイントカードでトクマルシューゴとFlying Lizardsのアルバムを引き取ってMANDA-LA2へ。

一番手ヒネモスはメンバー変更あり&メンバー欠席あり&ゲスト参加で、いつもとちょっと違った編成。カードを交えつつの即興(?)が興味深かった。

続いてブリキサーカス。予備知識からジプシージャズ+日本歌謡のようなものを勝手に想像していたものの、蓋を開けてみるとバリバリのジャズロック。おおー。途中から波にのってグイグイとスピードに乗っていく様はさすが。サックス2本同時ブロウがステキだった。

最後は全員+ヴォイス・パフォーマーのかた(飛び入り?)とダンサーも増えて大団円。

終了後、高円寺へ向ってご近所さんと呑み。メイン目的はキャベツ。味噌とマヨネーズをつけて食べるととてもうまいのです。ノコギリとマトリョミン、新撰組、味噌の味付け、さそうあきら「神童」、ゆでたまご氏のサイン色紙などお話し。

解散後、今日の反省を考えつつ帰宅。帰途から猛烈に睡魔に襲われつつ就寝。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-29 23:59 | 日常

カボチャ・エクストリーム

d0007234_628026.jpg
この時期、世間ではハロウィン熱が高まってまいりましたが、自分の中では例年通りまったく盛り上がらない訳でございます。だってお箸の国のひとだもの。いつの間に定着したんだろーなーと考える。

ハロウィンといえばカボチャ。で、

Extreme Pumpkins

カボチャに愛を注ぐのを厭わない方々によるエクストリームなカボチャ・カーヴィング。
一風変ったものからセンス疑うものまで、様々なカボチャたちを楽しめ(?)ます。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-28 23:59 | 気になる

Young People、シングルをリリース

d0007234_534241.jpg
Young Peopleが、10月にシングルをリリースします。前回のDim Markから変わって、今度はStereolabやScout Niblett擁するToo Pureからのリリースです。

ヨーロッパでは2006/01、Amazon.co.jpの方でも入荷は2006/01/30のようで出回るのに時間がかかるかもしれません。が、期待大。来年にはフルアルバム!もリリースするようです。

ところで、ギターのJeff Rosenbergは辞めてしまったようですね...。

▼おまけ:ライブ映像
PUNKCAST#254 ※一番下
PUNKCAST#335 ※下2つ
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-28 05:23 | 音楽

V.A. - TUVA, Among the spirits

d0007234_333983.jpgトゥバ~サハにおける自然音や、その中で演奏される音楽&ホーメイを収録したネイチャーサウンド。馬に乗って歌っているのなんてのもあるんですが、トゥバ音楽のリズムの根底を垣間見れるかのようで興味深い。自然の中で繰り広げられる「Fantasy on Igil」のあまりの神々しさにノックアウトです。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-25 23:59 | 今日の1枚

Tiny Timのチューリップ・ソング

d0007234_504471.jpg
例によってmixiからの拾いものですが、
全国のTiny Timを愛して病ま、いや止まない皆さまにおすそ分け。
とてもスウィートな歌声にメロメロです。

Tiny Tim Sings

アップローダのリンクなので、そのうち忘却の彼方へ消え去るかもしれません。
しかしながら、不肖ながら私めがガッチリ捕獲しておきましたので、
「ちっ!もう見れねーよ」という方は社会に対する不満を溜め込む前に、
まずはご連絡くださいませ。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-24 23:59 | 音楽

お茶会 not 法事

※写真を撮るのを忘れてしまった

「とうきょうのーにしのーほう~ きょうではんつきつづけてあめー」
(ゆらゆら帝国)

という訳で、ここ2週間ほどぱっとしない天気だったのですが、久し振りによい天気。
本日は知人主催のお茶会に行ってまいりました。

杉並区は「大田黒公園」の茶室を借りて開催。音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地に造られたとても立派な日本庭園です。大田黒氏は、ドビュッシーやストラヴィンスキィを日本に紹介された方です。とってつけた知識ですみません。

会場へは遅れて到着。風格のある庭園と立派な茶室に一瞬ひるむ。が、中にはいるとまったりと「法事で身内が集まりました」的ゆるい空気。おいしいお茶を頂きつつ、お茶の淹れ方からクロッカーさんのお仕事、雨雲に好かれる、などなど興味深いお話しをしました。

解散後、名曲喫茶ヴィオロンへ。筆談を交えつつ「珈琲+コーラ」「紅茶+コーラ」などフリースタイルなドリンキング(混ぜるのではなくストローで同時飲み)。ひとりで来てぼーーっと本を読みたいなあと思えるステキな空間でした。ライブもよく行われているとのことで、朗読+クラシック音楽から即興演奏、ピアノ+マジックショーのワンマン(!)までかなり興味深い。

その後、2階のタイ料理屋さんに移動してディナー。これまたうまくて安い。
満足しつつ帰宅の途につく。

大田黒公園
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-23 23:59 | 日常

Konono n°1

d0007234_5453242.jpg
アフリカン・ジャンク・グルーブKonono N°1のプロモビデオ。

Konono N°1※直リンクです。オフィシャルからも見れます

エレキ・サムピアノ×3のアンプリファイドされた音色がとても心地よいです。アンプ代わりに使われるのは、中古車の部品を利用して作ったメガフォン(※写真参照)。そしてパーカッションも部品や生活用品。なんともDIYかつローファイかつアウトサイダーなオヤジたち。ステキ。

d0007234_624931.jpg

[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-20 23:59 | 音楽

ホーメイ発表会

青山ブックセンターのホーメイワークショップの発表会、終了しました。
極度のキンチョー。もっともっと練習します。

ワークショップのおかげで、この数ヶ月いろいろ勉強になりました。
次回の特訓コースは2006年1月からスタートとのことです。
ご興味のある方はぜひぜひ。

青山ブックセンター
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-18 23:59 | ホーメイ

カル練

d0007234_24639.jpg

さてさて、「低い喉声」の勘違いからリセットしてのカルグラ攻略。

カルグラについて調べてみると、「咳払い」「仮声帯をの振動をコントロール」「地声はそのままで、1オクターブ下の音を出す」という表現がよく見つかりますが、あまりピンとこないのが正直なところ。

そんじゃあ海外。「Kargyraa」で検索してみると、こんなのこんなのがヒットしたりする訳ですが、今度は言葉の壁があって、なんとなく斜め読みして「ふ~ん」という浅い理解。とりあえず今ある材料で考えてみる。

・低い声を出すのではなく、低い声に「する」
・キーマンは「仮声帯」
・咳払いする時に使うのが仮声帯

とりあえず、ヒマさえあれば咳払いして過ごしてみる。
「かせいたい」が変換できなくてとても面倒くさいです。

咳払いを継続してみようとすると、とても喉が痛い。
この状態で声を出しても、言葉を発することはできないような気がします。
んー。

と考え続けること数日。なにかコツはないものかと色々試してみる。

「おー」と声を出しつつ、声をどんどん低く小さくしていくと、だんだん途切れ途切れになってきます。声と息が一緒になってポコポコと出てくる感じ。

おおおぉぉぉ..ぉ..ぉ..ぉ..ぉ....  -- (1)

でもこれだと「地声はそのまま」に当てはまらないなあ。
頑張ってもうちょと地声を出してみよう。

おおおーーーーー(普通の声)  -- (2)

元に戻ってしまった。でも無理に加工しようとすると、つい喉声にしてしまう。
このままさっきの感じの喉(1)にできないだらうか。

おおおーーーお"お"ぉ"ぉ"ーーおおーーー

あれれ。なんかそれっぽいものが出てきたような。でもまだ地声と(1)の状態を行き来している感じ。もうちょっと地声の方をしっかり出してみる。

おおおーーーお"お"お"お"お"ぉ"ぉ"ー

あれれ。

▼結果:
こんな感じかなあという状態に辿り着く。ポイントは、
(1)途切れ途切れの声が出る状態
(2)普通の地声の発声をしっかり意識する

ひょっとしたら、(1)の状態は咳払い練習の成果なのかもしれません。
(咳払いしているうちにできるようになったという話をよく耳にします)

自分の中でポイントとなったのは(2)の方で、「ちょっと違うかな」という状態からもっとしっかり声を出すことで一歩近づいた。ような。

この「地声をしっかり」というところで、ホーメイなどの喉声とは以下の点で異なることを意識することができました。

▼ホーメイ
(倍音)~~~~~~~~~~
(地声)~~~~~~~~

▼カルグラ
(地声)~~~~~~~~~~
(倍音)~~~~~~~~

って分かりにくいですね。

ホーメイなど喉声については、地声の上に高い音が乗っかってくるのに対して、カルグラでは「音全体の中で、地声が高くてその下に低い音がぶら下がる」ということ。頭では分かっていたつもりですが、これで体感できたと思います。今のところ、普通の声が勝ってしまい小さめの声しか出せないので、反復練習でちょっとづつ育んでみよう。

って、今出つつあるコレが本物のカルグラであることが必須条件なのですが...。
勘違いでなければよいなあ。カルグラ攻略の道のりは長い。
[PR]
by yoshi_nora | 2005-10-17 03:33 | ホーメイ


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

人気ジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧