<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

山川冬樹ホーメイワークショップ第二期発表会に行ってきた

d0007234_7154146.jpg
ぼくも受講していた、青山ブックセンター主催の山川冬樹ホーメイワークショップ、第二期生の発表会を観に行ってまいりました。

開始ギリギリ前に会場到着。しばらくするとチベタン・チャント「Prayer」の合唱がスタート。これ、ぼくもやりました。なつかしー。ふと見ると、他に観に来ていた同じ第一期生の方も歌に合わせて口がパクパクと。分かる分かるその気持ち。

と、次に受講生の方々が順番にパフォーマンスを開始。皆さん、トゥバに限らず色々な国の歌や色々な楽器を使っていて興味深い。で、今日は観る側なので気が楽、、のはずですが、自分の時を思い出してなぜかキンチョーしてしまう。反省。

会場には大きなスクリーンにトゥバ映像が流されている。森の風景、大自然。...と、山川さん曰く「まあ実際にはトゥバにこんな森とかあまりないんですけどね」って。えええ。イメージ映像とのことでした。

終了後、他の方々とお話しつつ帰宅。歌について考える。
トゥバ民謡の歌詞の耳コピ停滞してるなあ...再開せねばと思いつつ就寝。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-28 23:59 | ホーメイ

Solvent - Solvent City

d0007234_522378.gifどことなく懐かしい古さを感じさせるピコピコ・エレクトロニカ。おしゃれなmorr musicらしからぬ?いやいや、なかなか優しさを感じさせてくれる柔らかい印象なのですよ。レトロフューチャーな架空の街を表現したサウンドトラックといった趣き。

このアルバムはとても想い出深い一品でございまして、それはなぜかと言いますと、当ブログの前身ホームページ発足当初、「あなたのおすすめ音楽教えてください!」としたところ、早速、教えていただけた情報第一号で知る運びとなったのです!

ちなみに寄せられた情報は後にも先にもそのひとつでございました...。このブログにもコーナー設けてみようかなあ。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-24 23:59 | 今日の1枚

Final CountDown

d0007234_8152413.jpg
引き続きYouTubeより。
マイミクさんより教えてもらったライブ映像です。

Final CountDown

あのEUROPEの大ヒット曲「Final CountDown」。のカバー。
ロック!絶妙なヒキのカメラワークでお送りします。

ノイローゼのシロクマさんを彷彿とさせるVo.のウロウロ具合がステキです。

※2006.04.04追記:そして注意!!
画面右下の「BREAK.COM」、このアドレスなんだらうと思ってアクセスするとなにやら怪しげなソフツを送り込んでくることをトライされます。君子危ウキニ近寄ラズ。アクセス不要。

↑のムービーへのリンクは「YouTube」の方です。

▼参考:
海外サイト巡り注意事項
WinFixer2005の対処法
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-16 08:26 | 音楽

Tiny Tim on the Uncle Floyd Show

d0007234_4214771.jpg
不定期でお送りするラブリー・タイニィティム劇場。
またもやティム様目撃情報が寄せられたのでご紹介です。
情報元は、前回と同様mixiのTiny Timコミュより。ありがたや。
全国民が参加するべきだと思います。

アンクル・フロイド・ショーでのタイニィ・ティム
(※要Flash)

長いっ。今回は長編です。
ウクレレでピアノで、美しい歌声を披露。

うわーこれ保存したいなあ...。

けど、悲しいかなFlashベース。
どなたか方法をご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいませ。
大きな声では言えない方法の場合は、非公開コメントにて...。

できるだけ長く公開されていますやうに。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-13 04:36 | 音楽

Lungfish - Indivisible

d0007234_0321650.gifぼくにもっとロックを!DischordレーベルでFUGAZIと双璧を成す看板バンド、Lungfishのアルバム6枚目。出だしの印象から留まり続ける演奏は、繰り返しの中からじわりと高揚感を呼び起こされます。必要最小限にして足りないものは無い稀有な存在。Vo.のDANIEL HIGGSは口琴のソロアルバムなどもリリースしてます。これも聴きたい!
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-09 23:59 | 今日の1枚

Built To Spill - LIVE

d0007234_2245191.jpgぼくにもっとロックを!最近iPodを買い換えたワタクシですが、正確に言うと2台を使い分けてまして、それは何故かというとMac→Winへ環境変更&Mac側はHD故障でiPodにだけ音楽データが取り残されてしまっているからです。誰か助け出す方法を教えて。

それはそうと、新しく使い始めたiPodには最近入れたものしかない訳で、ある日突然歪んだギターを聴きたくなっても入っていないのであります。無ければ更に求めたくなるのがヒトのココロ。

普段より前置きがひとつもふたつも多くなってしまいましたが、そんな気分でコレBuilt To Spillのライブ盤。ストレートなギターサウンドとポップな歌声...なのに一筋縄ではいかない変アレンジ。「良い曲」を「ひねったアレンジ」で「ストレート」に聴かせてくれて、空腹を充分に満たしてくれるのです。しばらく続くロック週間。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-05 23:10 | 今日の1枚

楽器屋辺境地

d0007234_1138364.jpgTown and Countryのライブを観てから俄かに高まる楽器熱。中古楽器屋を巡ろうツアーに行ってまいりました。

新大久保。ギターや管楽器などに混じって微妙によく分からない楽器たちが並ぶ。球形に沢山穴の開いたボディーの擦弦楽器がとてもかわいい。名前も不明、値段もまだつけていないとのこと。(※あとで調べたところ「ギジェク」という楽器のようです)

手前には馬頭琴。1万2千円。安っ!相場が分からないのでアレだが、恐らく安い部類と思われる。とりあえず見よう見まねで試奏させてもらう。...とても弾きにくい。と、ネックの根元からハガレが多少。見送り。

新宿。PePeの島村楽器。教育用おもちゃ楽器やらを見る。赤と青のカスタネットがなつかしい。カスタネットの上下の向きの「赤は大地。青は空」という教え方はステキだったなあと郷愁に耽る。

テルミンをいじる。おもしろい。けどやはり難しい。両手のコントロールを感覚的に操作できるようになるまではとても道のりが険しいと思われる。

小さなシンセサイザーを無心にいじる。このテのものはあまり触ったことがないのだが、触ってみると面白い。ボコーダーの使い方が分からず残念。これ欲しいなあ。

なぜか明大前。一度足を運びたいと思っていた「ハナムラ楽器」。ここのご主人はオーダーでギターを作る職人さんでもありつつ、謎の自作楽器を多数発明しては店に並べているというディープな楽器屋さんです。お店に入るとずらっと並ぶ謎楽器。うわあ~。

と、気さくなご主人が色々な楽器を実演付きで解説してくださる。お経マシーンやら皮張り8弦ウクレレやら変形5弦ギターやら単弦簡単楽器やら。ご主人はそのどれもをも弾きこなす。音も色々で面白い。「こんなん作ってー」とアイデアを持って来れば作りますとのことでこれはいっちょなんか考えてぜひお願いしたいなあ。

色々見てみて楽しめた。で、本日の釣果:

・チューナー用のボタン電池
・古本屋で買った簡単インド料理本

以上

あれっ。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-04 23:59 | 日常

Town and Country, Tape Japan Tourに行ってきた

d0007234_637787.jpg※写真撮ってみたが暗すぎ

本日はお待ちかね、Town and County & Tapeのライブatキリスト品川教会に行ってきました。個人的「2大好きなバンド」共演とあって開始前から心躍る。

当日は強い雨。品川駅から会場まで歩くも駅から遠い。やや迷う。遅れそうになって会場に到着すると、既に席があらかた埋まった状態。パイプオルガンと十字架。厳かな雰囲気。

一番手はTape。ゆったりとした音の波が会場を漂う。ハルモニウムやギター、鉄琴など楽器の音とラップトップからのデジタル音、物音、かすかなノイズが相まって、頭の先からじんわりと身体に浸透する感覚。観客の多くが俯いているライブというのも面白いなあ。曲間の切れ目もMCもなく続けられる演奏は少しずつ加速してゆき、次第に会場全体を包む。正味1時間くらいで演奏終了。よい。涙。

終了後、メンバー自ら後片付けする姿がちょっとおもろい。

続いてTown and Country。ステージにずらっと並ぶ古今東西の楽器たち。...と、開始前にMCが。「皆さんステージに上がって、私達の周りに座ってください」

えええええっ。

という訳で移動。全員移動。ステージ中央床に座るTown and Countryを観客がぐるりと囲んで座る。ち、近っ。

d0007234_6381369.jpg
※こんな感じ→
だったんだけど、やはり暗すぎ

会場は暗くなり、お手製の灯篭がくるくる回ってライトアップ。演奏スタート。

メンバー皆でベルやトライアングルをかき鳴らすところから始まって、各々がめまぐるしく様々な楽器を持ち替えながら紡ぐミニマルミュージック。スピリチュアルなコーラス(カルグラちっくな声も交えつつ)と相まって、最近のアルバムにも感ぜられる民族音楽色が強く打ち出た内容。

いやーそれにしても、、いくつ楽器があるんだろう。思いつく限りでも、、

鈴、鐘、ギター、コントラバス、ビオラ、コードハープ、タンブーラ、箱に弦を張った自作楽器?、ハルモニウム、タンバリン数種、メロディカ、ウッドブロックのようなもの?...

...うっどれも欲しくなってまう。。

これらをとっかえひっかえして色んな音を並べておりました。

感動ののちに終了。やはりメンバー自ら楽器の片付け。周りのお客さんは楽器たちをしげしげと眺める。ぼくも眺めてました。

いやーえがった。ええもん観た。ぐっと心に残るよいライブでした。
ぜひまた演ってほしいなあ。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-03-01 23:59 | 音楽


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

人気ジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧