<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

カルグラ、聲明、カンジーラにマトリョミン

d0007234_1016348.jpgカルグラ強化の目標としてイベント参加の有志に応募、初の練習に行ってまいりました。

本日は初顔合わせということで主旨の説明と自己紹介。そして声出し、の前にウォーミングアップ。今までは徐々に声を出してアップしていくという感じしかやっていなかったので、ストレッチや呼吸法など興味深い。

肝心のカルグラの方はというと、それなりに形にはなってきている模様。だが息が続かなく長く発声することがどうしてもできず。「息を吐き過ぎているので、それらを無駄無く発声の力に集中するのが大事」と教えていただく。なるほど。

続いて課題としてチベット声明。歌詞(?)をメモして詠んでみる。

...で、できないっ

単純な発声ならなんとかなっていたものの、言葉として発声することがまだ困難。こちらでも、「母音を強調するようにする」とのアドバイス。なるほどなるほど。やりやすくなりました。が、まだうまくはこなせず。宿題事項として要練習。

▼カルグラ練習メモ:

・発声時に息を吐き過ぎ。
息を無駄無く発声に費やすことを意識する。
仮声帯の振動を意識し過ぎか?

・言葉として発声する際は、子音よりも母音を意識する。

終了後、参加者のかたがた数人と急遽、現在護国寺で開催されている「チベット砂曼荼羅ライブパフォーマンス 2006」のチベット声明を拝聴しに行くことに。移動中の社内、集団で「ダンス白州」のフライヤーを開く姿が楽しげです。

車中でフレームドラムについて教えてもらう。ああいったシンプルな太鼓に興味があります。南インドの楽器「カンジーラ」というのも教えてもらう。小さいタンバリンというかフレームドラムにジングルひとつというのがそそります。

※帰宅後、サンプル音源を調べてみる(MP3直リンクです)
www.ganeshkanjira.com
すごいなー。。

護国寺到着。にゃんこが多い。腹ごしらえをして本堂に移動。日本の声明、チベット声明と拝聴する。チベット声明の折り重なる低音の波。地声からカルグラ的発声にぐるっ!と変わる様に驚く。聴いていると自然に瞑想状態になっていくかのような心地よさ。

終了後、数人で食事へ。色々興味深い話を聞く。テルミン奏者のかたも大阪から(!)いらっしゃっていて、持参したマトリョミンを触らせてもらう。

d0007234_101633.jpgた、たのしいっ。オクターブのコントロールなど基本的な奏法メカニズムなども教えていただき、テルミン基礎知識が蓄積されていく。マトリョミンのお値段4万5千円弱。2アンテナのテルミンも購入場所によっては値段もさほど変わらないそうだが、、この愛くるしさはなんだろう。「青ブックに売ってたよね」と言いつつ声がうわずる。

帰宅後、どっと疲れて就寝。声を出すとよく眠れる。本日、ホーメイやると早死にするか否かという話題もあがっていたが、すっきり健康によい、と信じたい。頭蓋骨が割れそうになったら考えよう。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-29 23:59 | ホーメイ

カルグラ暴走族

ホーメイ合唱団の初ライブ、Prayer一本勝負も無事終了。
お次の目標はカルグラ。
ここからNON-STOPです((C)素人の乱7号店)。

上記の合唱団練習中、お師匠さま?よりカルグラのコツを教えてもらう。
そのヒントを元に練習してみたりしております。感謝。

▼以下、私的グラメモ:
・カルグラは「咳払い」を続けるイメージとの表現をよく聞くが、咳払いの形が間違っていた。口の中が緊張状態のままの咳払いで、口を思うように動かせぬ悪い例。これは間違った喉声の状態にも通ずる気がします。喉から上はあくまで力を抜いたまま、喉の奥から吐き出す感じで。
・咳払いは、単発から複数回繰り返し、そしてそれらを徐々に繋げていって、長い咳払い状態に持っていく。
・上の咳払い状態に加えて発声。カルグラ=低いイメージだが声は普通でよい。
・発声時、喉~食道を押し広げる(ぼくのイメージでは前に押し出す)と、音が揃ってくる。

を踏まえて、少々グラ声が出る状態までになってきました。
が、口の形で音のコントロールなど、まだまだ先のお話のようで。
まだ無駄に息を吐き過ぎている感もあり、今後の課題です。

目指せAlbert Kuvezin。

ところで、情報収集も大事ということでネットも検索。
『Learn Kargyraa』ということでカルグラ解説ページを見てみる。

Sed's Khoomei Page - Learn Kargyrra

結果から申し上げますと、一番下「me」というサンプルというのがちょっとアレな感じですが、咳払いからカルグラへという過程をmp3で載せている点が面白いです。

また、途中「Be a Motor」というセクションではエンジン音の物真似が。
ワークショップ同期の方(カルグラできる)が以前、
「バイクの口真似をよくやっていた」と言っていたのを思い出す。

再生。ぽちっ。

ぶーん!ぶんぶんぶぅーん...、

...。

もひとつ再生。ぽち。

ぶぶぶーーん!ぶうぅーーーん!ぶんぶんっ!

...。

ああ、いかん。。真面目に解説のためにサンプルを用意してくれているのに。。
間違った衝動が。。

だめだ。がまんできん。
サンプルを全部開く。

同時に再生。

ぶーん!ぶんぶんぶぅーん...、
ぶぶぶーーん!ぶうぅーーーん!ぶんぶんっ!
ぶおんぶおーーーーん!!

ああ、すっきり。

すみません...。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-24 23:59 | ホーメイ

雑記:研修、岡本太郎、高松ツアー、ホーメイ合唱

d0007234_1229232.jpg週末をつぎこんでの会社研修。折角の週末が!という苛立ちと研修かーという憂鬱とに苛まれつつ、実際やってみたら割合楽しく過ごしてしまった。

で、会場は日テレタワー。休憩中に岡本太郎の壁画『明日の壁画』(無料)を観に行く。会場は行列だが、外からでも観れるので(と言ってもけっこう近い)問題なく観れる。修復の問題か、日テレタワーの喧騒のせいか(隣ではお笑いライブが延々と繰り返されている)、いまいち迫力が伝わってこずピンと来ない。すごすごと退散。

日曜日は午前中まで。この日、観たいライブはチケットとれずに断念。一旦帰宅でギター担いでfockea crispaの練習。すでにぐったりしているぼくを見て、サルビア嬢がおやつをくれる。彼女はいつもおやつを買い与えてくれる御方なのです(いつもすみません)。

で、その彼女がチョイスしたおやつがコチラ。

d0007234_12283841.jpgd0007234_12292552.jpg
金魚ゼリー。かわいいっ。
食べるのが勿体無いと言いつつ一気食い。
阿佐ヶ谷のお店で売っているそうです。
(お店の名前は失念)
食べ終わった容器を「楽器にできないかなー」と持ち帰るサルビア嬢に脱帽。

※関係ないけど、
「阿佐ヶ谷」の3文字目「ヶ」が消えた理由

また後ほど告知する予定ですが、fockea crispaとしての次回ライブが決定しまして、香川県は高松の温泉地で行います。できれば付近の某カフェでも演りたいと画策中。更にその内容で東京でもライブしたいなあと企んでおります。乞うご期待?

で、そのライブに向けての打ち合わせ。数えてみると意外と日がない。これからレパートリーをこしらえなきゃいけなく大変な反面、目標が定まって気合が入る一同。気合の演奏。しかしながらゆるいこのバランスが気に入っております。

で、夜からはホーメイ合唱団として1曲唄いにゴートゥーシブヤ。ぐんぐん広がる山川冬樹さんワークショップの輪ですが、その中の御方のつながりで『Drum Cow』というイベントに出演させていただきました。急遽決まっての駆け足練習&出演ながらも楽しく過ごす。ありがとう。

※このホーメイ合唱団の母体は練習会も兼ねていたりしておりまして、今後も練習会など続けていく予定でございます。ご興味アル方は、コメントなどご連絡くだされば詳細ご連絡します。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-23 23:59 | 日常

円盤ジャンボリー 2006 夏

d0007234_931161.jpgこの夏最大の音楽フェス、円盤ジャンボリー。今回は最終の3日目に行ってまいりました。なによりも楽しみなイベントです。

以下、足跡と共に覚えていることを。

▼入場
fockea crispa現在在庫切れと教えてもらう。
近々納品予定です。もう少々お待ちくださいませ。
そして、お買い上げいただいた方、ご注文くだすった方
感謝感謝の限りでございます。ありがとうですー。

▼イトケン
6階フロアーでは既にスタート中。
色々な楽器や音の鳴るものを組み合わせて
ループサンプラーでぐるぐる回しての演奏。
優しい音。

▼アベミキ
続いてそのまま久し振りにアベミキさん。今回は5人編成。
幼くてストレンジでポップでロックなフォーク。
人力マトリョミンがすてきです。

▼%ホセ
チェロやらコントラバスやらぼく好みな編成で楽しみだったのですが、
セットの時間都合でやむなくチラ見のみ。

▼百蚊
from福岡。本日のメイン目的のひとつ。
前評判で聞いていた通り、すごくよかったです。
初っ端からぐいぐいと惹き込まれる激しい演奏。

▼ロメダ霧島
若干の客いじりからスタート。トークおもしろい。
日本語で聴くシャンソンは詩に深い意味を感じました。
ものすごく高い位置にセッティングされたマイクが印象的。

▼石頭地蔵
from熊本。こちらも激しい演奏。
ケーキ情報をキャッチして途中で上へ。

▼ケーキ
にせんねんもんだいの方による「にせんねんカフェ」
ケーキは残念ながら売り切れ!
次回は1時間後とのことであえなく断念。

▼伊東篤宏+久下恵生+煙巻ヨーコ
蛍光灯+パーカッション+ダンス。
蛍光灯によるノイズ&光とパーカッションに合わせて踊る煙巻ヨーコ氏。
ダンス初見でしたが、登場して最初の身体の動きひとつで圧倒。
一気にアートスペースな空気に変貌しておりました。

▼INN JAPAN
で終了後、上に戻るとその空気とは対極のノリ。
メンバー同士ビニールテープでぐるぐる巻き。
これらが同居しても違和感のない円盤ってすてき。

▼坂本移動どうぶつ園
またもや若い2人組。この勢いはすごいなあ。

▼Acid Mothers Temple
大御所。スタート前のセッティングで時間かかってヒヤヒヤ。
演奏始まると物凄い音圧。と、怪しげな匂い。
しかしながら体力の限界。受け止められず。

▼まる福
最後。既に疲れて帰ろうかなと思ったところ、
目の前に段ボール神輿が登場、出待ち。
ああ!神輿見たい!のでもうちょっと残る。
アナーキー・イン・ザ・UKのカバーと共に神輿出陣。
わっしょいわっしょい!
最後はやはり「神輿をこわせー!」。
会場中を神輿が舞っておりました。

ざっと書いてしまいましたが、以上。


円盤ジャンボリー 7/17(月) 出演

▼5F
・おとぎ話
・ガキデカ
・百蚊(福岡)
・<幕間>ロメダ霧島
・石頭地蔵(熊本)
・伊東篤宏+久下恵生+煙巻ヨーコ
・<幕間>佐伯誠之助
・ドラびでお(山口)
・Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno

▼6F
・イトケン
・アベミキ
・%ホセ
・クニ河内(釧路)
・ピロピロスパンコール(札幌)
・INN JAPAN(福岡)
・坂本移動どうぶつ園
・きんぐべにー(大阪)
・三村京子
・まる福
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-17 23:59 | 日常

『悪魔とダニエル・ジョンストン』は秋に公開~ジャドつながり

d0007234_9401836.jpg
Hi,How are you!
さてさて、レコ屋さんをぶらぶらと物色していたところ、
前にも日記に書いておりましたダニエル・ジョンストンを追ったドキュメンタリー映画
『Devil and Daniel Johnston』のフライヤーが置いてありました。
邦題は『悪魔とダニエル・ジョンストン』。
そのまま。

公開は秋とのことで、すっかり暑くなったこの夏を乗り切ればもうすぐ!
ぼくは100回観ます。

で、嬉しくなってアルバムを買って帰る。
Half Japaneseのジャド・フェアーとの奇人タッグ。

d0007234_956867.jpgd0007234_956293.jpg
○←左:Jad Fair and Daniel Johnston - It's Spooky
○右→:The Lucky Sperms - Somewhat Humorous


左は1989年、右は2001年にリリース。
どちらも基本的にやってることが変わらないのがすごいなあ。
ジャンクでマッドでプリティなロックンロールでございます。

が、先日のお話。一方、今度はmixiで知らないひとから連絡もらう。
「ダニエルの友人ジャドとレコーディングしたんで聴いてください」

from イシマルーこと石丸尚文氏、でした。
なにゆえここに?と思ったら、
ダニエル・ジョンストンのコミュ参加者に直接連絡している模様。

キーワードが偶然にも重なるとびっくりします。
無垢だが元から毒をもって生まれたというか、
ねじれた感じがとてもよかったのでリンクを載せておきます。

JADANDNAO(MySpace)
※音が出ます!注意
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-14 23:59 | 今日の1枚

ぼくたちが口にするものは

d0007234_7315196.jpgd0007234_732413.jpg
mentos × diet coke
おいしいおやつで化学反応。というか大丈夫なんかコレ。

メントスに含まれる「ガムアラビック」という増粘剤と
炭酸ガスが反応して起きる現象のようです。

EepyBird.com
こんなことやってるひとまでいます。
すごいなあ。

メントスほおばりつつコーラを飲むと大変なことになるのでしょうか。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-10 23:59 | 気になる

琵琶と珈琲、正座で発声

d0007234_08737.jpgぼくは琵琶の形も音も好きで気になっていた訳ですが、普段なかなか目にする機会も持ってるひとも少なかったりします。

そんな中、琵琶ワークショップがあるということで行って参りました。習うは西原鶴真さん。『琵琶カフェ』ということでカフェでお茶、そして琵琶という接しやすい形式が嬉しいです。

ワークショップは鶴真さんによる『壇ノ浦』演奏からスタート。少人数、距離も近くマイク無しの生演奏。すすごいです。琵琶も興味津々ですが声もよかった。

演奏後、休憩を挟んで琵琶の説明。歴史、材質、構造や基本的な演奏法のレクチャー。更には琵琶を持ってペンペンッっと弾かせてもらいました。撥捌きが非常に難しい。普通に弦をはじく他、弦を擦ったり根元でポンと弾ませたりボディを引っ叩いたりして(これは流石に試せませんでしたが...)色々な奏法があるようです。

という感じで、琵琶の基本を学んでワークショップ終了。
雑談まじりの中に始まる琵琶撮影会。
語りの発声法についてもちょっと教えていただく。

 ・どしっとからだを落とすイメージで、
 ・身体の中を筒のようにして、
 ・オエッと吐くような感じ

ということでホーメイでの喉声にも近いような。
ふと『ゲナディ・トゥマット≒永田法順』という話を思い出す。

▼総括:
ワークショップを通じてますます気になる琵琶な訳ですが、
ひとつ大きな難関としては「値段が高い」というのがありまして。
まずは石油王を目指します。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-07-02 23:59 | 日常


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧