<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

9月27日 円盤ライブ 終了

円盤ライブ、無事終了しました。
お越しいただいた皆々様、ありがとうございますー。

今回のテーマは、「曲として独立させて選択できるようにしよう」ということで、
前回のライブでは、約25分続けての演奏だったのに対して、
それぞれ曲間を持つ形で試みてみました。

前回ライブからの反省点を消化しきれていなかったり、
今回で新たに課題を感じたりと色々ございますが、
まずは一区切り。次なる方向性を模索します。

今後は、
・10/29(日) 高円寺 bemch
・12/09(土) 高円寺 円盤
で演奏する予定です!

詳細は後日アップする予定ですので、
ぜひ遊びにいらしてくださいねー。

▼ライブの様子:
d0007234_8173046.jpg
d0007234_8174117.jpg

▼9/27 円盤ライブの演目
1. strange plum
2. 波のまにまに
3. ラジオスターの悲劇
4. fall back to sleep
5. 早朝の川原で花が咲くまでの過程

▼四国うどん食いだおれツアーの演目
1. オープニング ~ 「クリスパくんの絵描き唄」から抜粋
2. 波のまにまに
3. ラジオスターの悲劇
4. strange plum
5. fall back to sleep
6. 早朝の川原で花が咲くまでの過程
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-27 23:59 | fockea crispa

告知:旅の終わりと今後の予定

ふたたび告知でございます。
四国から無事帰京、〆は高円寺円盤にて。
明日!

9月27日(水)
@円盤
http://www.enban.org/
(東京都杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル201)
Charge \1000
「日々の音楽 ~新しいインストゥルメンタル~」
LIVE:
 沢田穣治+すずえり
 松浦徹(突然段ボール)ソロ
 織茂サブ(尺八)
 fockea crispa

四国セットから若干曲順を変えて演奏の予定です。

10月29日(日)
@bemch(ベンチ)
http://www.k4.dion.ne.jp/~bemch/
(東京都杉並区高円寺南2-43-9)

時間など詳細はのちほど告知します。他に、
女性Vo.のananyaさん

塚本真一さん(ex.飛頭)デュオが出演の予定です。

bemchは高円寺のカフェ&バーで、ごはんがとても美味しいです!
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-26 08:26 | fockea crispa

fockea crispa四国ツアー最終日:ファラオのネックレス

d0007234_754247.jpg
この旅最後の朝は、二度寝で遅い朝となった。

楽しさで忘れつつもすっかり疲れていたのでありましょうか。
「明日は何時に起きよっか」と張り切っていたのにも関わらず、
ぼくだけ予定より1時間遅れの起床。
着替え、荷造りを済ませる。

昼食、最後のうどん祭に出陣。
有名店らしく店の外に行列ができている。
zakuro嬢オススメの天ざるうどんを食すると、
行列も納得のおいしさでした。

うどん後、まったり移動。
車中では先ほどのうどん屋ご店主の話で盛り上がる。
一見強面な感じだが、つぶらな目が印象的でした。
と思ったら同行女子2人、

「ファラオのネックレスをしていた」
「只者ではない」

鋭い洞察力。

d0007234_801076.jpg
そして次は「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」に到着。
館内の一角に陳列された、氏のコレクションと思しきおもちゃ類や
巻いた紙と針金で生み出された動物類に興味を惹かれる。

そして「須田悦弘展」。
昨日幸運にもお会いすることができた氏は、
木彫作品で本物と見紛うばかりの植物を生み出す方です。

ホールの壁面にひっそりと咲く花々や、
広い展示室の足元に寄り添う小さな小さな雑草たち。
作品自体の精密さも然ることながら、
大きなスペースの中で這いつくばって、
普段はあまり注視しない雑草の造型を鑑賞するという行為や、
端々に散りばめられた遊び心がとても興味深いです。
これを経験してから、街の雑草に目がいってしまうように。

ひとしきり鑑賞後、近くのギャラリーも覗いていたりするうちに、
刻一刻と近づくフライト時間(大人っぽいな)。
踵を返して高松空港へと向かう。

空港に到着すると、敷地内のクローバー畑に眼をやる女子2人。
すると四葉のクローバーをざくざく発見。
よ、四葉のクローバーのありがたみがっ。
更にはぼくは初めて見る五葉まで!
曰く、ひとつ見つけると同じところに多く存在するとのこと。

空港内。
おみやげを物色してから飛行機に乗り込む。
バスでは苦痛の10時間が、1時間弱で快適に消化されていく。
2~3時間ののちには既に帰京。
当たり前だけど早い。

高円寺。
prefaceくんとカレーを食しつつ旅を振り返る。
その他、次週に控える円盤でのライブ準備の話など。

帰り道の環七。
ホーメイ練習しながらの帰途で、徐々に日常へとシフトする。

カレーを食しながら話していたこと。
ひとのつながりを以って演奏できるということは
とてもありがたいことであり、
そして大事にしたいことだなあと今回の旅で実感。

今回旅の道中でお世話になった皆々様、ありがとうでしたー。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-19 23:59 | fockea crispa

fockea crispa四国ツアー3日目:「来たか、楽団!」

d0007234_62627.jpg
朝、雨戸を開ける音で目を覚ます。
台風の翌日、結局幸いにも直撃は免れて、
風は強いものの広く晴れ渡った天気だった。

宿にはボランティアスタッフの方々が宿泊しており、
昼食を摂っていると、皆さま朝早くからお出かけ。
「いってきまーす」
「いってらっしゃーい」
面識は無いながら、こういうやり取りが自然なのが楽しい。

昨日を以って演奏予定は終了。
残るは観光(今までも大きい比重だが)ということで、
本日一番の目的は「家プロジェクト」。
本村地区の古い家屋などを利用して作品とした空間を楽しむ主旨。
台風の影響で鑑賞は午後から。
よって午前中はのんびりとした時間を過ごす。

路地のベンチに腰掛けていると、
掃除している方々やワンコやニャンコ。
とてもスロウな時間をのんびりと過ごす。

荷造り後、改めて階下に下りるとなにやら談笑中。
宿の「おっちゃん(自称)」に色々なお話を聞かせていただく。
「すぐ近くのさかいやさんが、直島の歴史の話を聞かせてくれる」
おっちゃんはそう言って、さかいやさんまで案内、紹介していただく。

さかいやさん前では、町のおばちゃんも集めてまずは記念撮影。
お菓子までお裾分けいただいて、なんとも暖かい。
さかいやさんでは、当時の道具を交えつつ、
歴史の話を丁寧にご説明いただく。
柔らかい口調と、時折冗談を交えてはくすっと笑う仕草がかわいい。

すると午後。
カフェまるやさんに立ち寄ろうと思ったが、
引き続きの大盛況で、また後ほど改めることにする。
そのまま歩を進めると、近くの酒屋さんでおっちゃんに再会。
古く、とても雰囲気のある酒屋さんで、おっちゃんは、
「今度はここでライブやったらええ!」
ああ、ぜひ演れたらいいな、と心に思う。

ひとしきり話した後、近くの海へ。
桟橋から足を海に突き出して、ごろんと昼寝。
途中、幾度かひとがやってきて、おっととどこうとすると、
「あーあーそのまま寝ててええよ!」
皆さん、からっと晴れ渡った口調が気持ちよいです。

しばし休憩の後、昼食を済ませていよいよ家プロジェクトへ。
変わらぬ懐かしさと新しい空間とが境目なく共存するかのよう。
点在する作品を観て回るべく、町中を散策するのもワクワクします。

一通り観て回り、町の「いっちょ場」という休憩場所で一休み。
さてと腰を上げると、通りかかった車からクラクション。
見ると、おっちゃんに再々会!
お土産を見て、まるやさんに立ち寄ってから帰ると告げて別れる。

そして本日もまるやさん。
店主さんは、エプロンにさりげなく、
昨日差し上げたfockea crispaバッチをつけてくださっていた。
CDとバッチをお店に置いて貰えないかとお願いしたところ、
快く引き受けてくださる。
この場所に置いてもらえると思うと、嬉しいことこの上なし。

フェリーの時間も近づき、まるやさんからバス停に向かおうとすると、
再々々度おっちゃん登場。開口一番、

「来たか、楽団!」

帰る頃を見計らってくだすっていたようで、
車で送るとの嬉しい言葉。涙々。
まるやさんにご挨拶して、一同港へ向こう。

港に到着すると、偶然にも須田悦弘氏にお会いすることができた。
おっちゃん面識ある(!)とのことで、記念に一同で記念写真。
皆やや興奮ぎみ。

フェリーまでの時間で、手作り雑貨を扱うお店「RIEN」と、
そこに併設される「007記念館」へ足を運ぶ。

時間前に港に戻るとフェリーの時間。
おっちゃんと固く握手を交わして別れる。
さよなら直島。また来たい!と既に思っていたのでした。

フェリーでのんびりしつつ高松へ帰港。
荷物を置いたあと、港近くの雑貨屋など見て回る。
食事、銭湯ののちに帰宅。
線香花火とヘビ玉で締め括る、この旅最後の夜。

明日でこの旅も最後だー。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-18 23:59 | fockea crispa

fockea crispa四国ツアー2日目:楽団は台風と共にやって来る

d0007234_7392126.jpg
ぼくたちは朝から悩んでおりました。
それは本日ライブ予定の直島にあるカフェ店主さんから届いた1通のメール。

「台風が近づいております。」

高松から直島へはフェリーで約1時間。
台風が来れば当然交通網は乱れる訳で、
フェリーなどは台風が過ぎ去った翌日まで影響が出るとのこと。
すると当然旅程にも影響が出るということを心配してくだすったメールなのでした。

という訳でメンバー一同悩んでおりました。それは、

「何時のフェリーで渡ろうっかー」

もう行く気マンマン。

今ここで直島へ行かねばきっと後悔すること仕切り。
台風はなんとかなるっしょという軽い気持ちで4人の意見は一致。
結局、朝一のフェリーにて一路直島へ向かうのでした。

洋上からは鬼が島などの島々を一望することができる。
香川の山々の風景もそうだったが、みんなぽっこり浮かんだ感じが不思議。

小1時間で直島へ到着。
軽く食事を摂ろうと思ったら、
港周辺は「台風のため休業」の文字が目立つ。
風雲急を告げる予感。

直島の目的のひとつ、地中美術館も台風のため午後1時までの営業とのことで、
バスに乗って早速向かう。

外を眺めていると、かっこいい小学校やら
のんびり釣り糸を垂らす方々、
自然に混じるオブジェなどなど。
草間彌生の南瓜は残念ながら台風に備えて撤去済みとのこと。
バス車中は運転手おじさんのゆるい案内にほのぼの。

さてさて地中美術館へ到着。
種々のインスタレーションと、更にそれを包み込む空間に衝撃。
こういう言い方が適切かは分かりませんが、
次は何があるんだろう
というワクワクした気分を感じる。

一通り観終わり、バスで引き返してカフェまるやさんに移動。
まるやさんは直島に初めてできたカフェで、
古い一軒屋を改装した心地よい雰囲気。

到着するとお店は大盛況で、軒先にまでひとが並ぶ。
まずはご挨拶をと思ったが、とてもお忙しそうなので
落ち着くまでしばし待つ。

軒先に座る家族、赤ちゃんと目が合い、
バッグからカプセルパチカ、鈴、口琴、鼻笛を次々と取り出してみる。
音を鳴らすと興味を持った感じの反面、ともすれば泣いてしまいそう。
小物類でちょっと演奏。鈴ブレスレットを気に入ったようなので差し上げる。

ひとしきり落ち着いたところでご店主さんと対面、ご挨拶。
ランチを食して舌鼓。一同メニュー交換会。
お腹も満たされてのんびりとした一時。

って。

のんびりもしていられない。なぜならば、、
本日の宿泊先も決めていなかったのですよ。

「さぷらーいず!」(ご店主談)

という訳でまずは(って先に美術館観てますが)宿探し。
まるやさん近くの民宿「おやじの海」さんに頼み込む。
おかみさんは台風による雨漏りをご心配なさっていたものの、
なんとか無理を言って助けていただく。(すみません)
居を構えて一安心。荷物を置き、楽器だけ持って再びまるやさんへ向かう。

しかしながらこの台風。
やはりぼくらは甘くみていたか。
夜から島の交流会で演奏させていただく予定でしたが、
台風が近づく最中でひとを集めるのはとても危険なのです。

「ごもごもごもごも、ごもっとも~~!」
(byゴメス・チェンバリン

店主さんはやって来たぼくらに気を遣ってくださいましたが、
それよりも安全重視ということで、交流会は中止と相成りました。

残念ではありますが、
「今日はお店を楽器のキッズルームの如くお使いください」
とのお言葉に甘えて路線変更。ここで1曲作りましょう!
甘いもので集中力を研ぎ澄まして曲の種を育てる。
最後に店主さんに1曲演奏して終了。

d0007234_7444048.jpg

「今日はビールでも呑んでゆっくりすっかー」など云っていると、
帰りがけにさりげなく手土産のビールを用意してくだすった店主さん。
感謝々々。じーんとしつつ宿へ帰宅。
カップラーメンとお菓子をおつまみに乾杯。
夜遅くまで、昨日今日の思い出とひとの出会いについて話す。

お風呂でさっぱりして就寝。
まだまだ旅程の半分。

明日も続くよっ。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-17 23:59 | fockea crispa

fockea crispa四国ツアー初日:仏生山温泉ライブ

遂にやってまいりました、fockea crispa四国ツアー。
四国は高松上陸。
観光・うどん・ライブ・うどん・観光・うどん・ライブのスケジュールに心が踊ります。
以下、道中日記。
とてもながーーーいです。注意。

往路は深夜バス。対戦相手は「ドリーム高松号」。
前日夜のうちに出発して、翌日早朝には高松に到着予定です。
...結果から申し上げますと惨敗でした。ね、寝れないのよっ。

あまり睡眠をとれずに揺られること10時間。
途中うず潮など眺めつつ、予定より若干早めに高松到着。
社内で縮こまった身体をぐいっと伸ばす。空気がおいしい。

今回、地元お友達のza96Chiさんが移動からなにから色々とご協力いただきました。
道中お世話になりっぱなしで感謝の限りです。
ありがとう(香川イントネーションで)。

まずは車で移動。荷物を置きつつ、うどん祭開幕初戦。
素敵なインテリアに囲まれたお店でかまたまうどんを食す。
う、うまいー。

お腹を満たして「イサムノグチ庭園美術館」へ移動。

ここは、イサムノグチが創作の場として居を構えていた場所で、
住居と庭園、アトリエを散策することができます。
ぼくが興味深かったのは作品が多く展示されたアトリエよりも住居と庭園で、
これらの作品のひとつには変わりはないのだろうけれども、
より生活に近い場所ということで、ここでの生活はどういうものなのだろうかと夢想する。

一通り鑑賞後、時間に余裕があったので公園へ。
キノコが茂る草原に横になると、草が背中に刺さって思いのほか痛かった。
なんとものんびりとした時間を過ごして緊張をしばし忘れる。

d0007234_74922.jpg

しばらく休んだのちに荷物を取りに一旦引き返す。
珈琲や手作りクッキーなど嗜みつつ準備々々。
荷作り後、本日の会場である仏生山は天平湯へと向かう。
前にうどん祭リターンズ。またもやうまいっ。
メンバーサルビア嬢、スポーツ新聞見つつうどんを頬張る地元おじさん(労働者風)の
醸し出す雰囲気にぐっとくる。
ってあなた・笑。

d0007234_745332.jpg

仏生山温泉天平湯は去年暮れ頃にオープンしたばかりの温泉で、
非常に洗練された内外観がとても印象的。
美術館と見紛うかの佇まいに気が引き締まる。

ご店主さんと打ち合わせ後、準備に取り掛かる。
ここで驚いたのは、オーダーメイドのベンチとテーブルを組み合わせることで
ちょっとしたステージが簡単に現れる造りになっていたこと。
ここに今回使用する楽器類を看板がてら陳列する。

こんな感じ。
d0007234_743240.jpg


本日は、おもちゃ楽器手作りワークショップとライブという構成を2回繰り返す構成。
まず第一回目のワークショップがスタート。
どのくらいお客さんに足を止めていただけるかという不安もあったものの、
好意的に受け止めてもらえて一安心。
作った楽器で音を鳴らしていると、そこでまた興味を持った方に足を止めてもらったり。
楽しく過ごしつつ第一回目ワークショップ終了。

ちなみに、今回用意したものは、
(1)鈴ブレスレット
鈴やカラフルなビーズなどを自由に組み合わせたゴムひもブレスレット。

(2)カプセルパチカ
いわゆるアサラトやテレヴィをガチャガチャカプセルで作る。
中身はお豆もしくはタピオカを用意。

(3)ストロー笛
ストローの端を切ったごく簡単なストロー笛。
音を出せたら穴を開けてみて音の違いを比べてみる。

d0007234_64105.jpg
photo by サルビア嬢 無断使用ごめんね

それにしても、子供の順応力には頭が下がる。
例えばストロー笛なども、初めは音の出し方が分からなくても
ほとんどの子がちょっとでコツをつかんでブーブー鳴らしてました。
「吹くとブーっと音がなる」
という最小限の仕組で音を遊ぶ子供たちは、
見ているだけで微笑ましく思います。

で、続いてライブ一回目。
ワークショップに参加してくださった方々もちらほらと。
一度接しているからか、他人の気がしなく不思議と緊張も
(いつもよりは)少ない。

ライブ終了。ほっと一息つきつつ、第2部へ向けて反省会。
食事を摂りつつ...と、驚くほど料理がうまいっ。

会場に戻ると一般のお客さんが座って休憩している。
「すみませんーこここれから使うんです」と説明すると、
興味を持っていただいて、そのままワークショップ2回目へ突入。
2回目は時間も遅めだし、どれくらい人が集まるかと思っていたものの、
いざやってみると2回目の方が多くの方々に参加していただけた。
材料も使い切ったものも出てきたりして、
もうてんやわんやだが、一緒に遊んでいる感覚がとても楽しい。
一区切りつく頃には、予定時間をややオーバーするくらいの勢いでした。

そのままのテンションで続くライブ2回目。
座って耳を傾けてくださる方、
走り回ったり転がったり、近寄ってじっと覗き込む子供たち。
暖かい会場の空気が心地よく、これまた楽しく演奏。

ライブの様子。
d0007234_6582013.jpg

d0007234_6583591.jpg
za96Chi嬢も1曲参加。
d0007234_6594894.jpg

そして終了。全身脱力。

ご店主さんやza96Chi嬢お友達のかたと談笑。
温泉で汗と疲れを流す。
ご挨拶ののちに帰宅。

どっと疲れて就寝。

明日へ続く。

明日も長いよっ。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-16 23:59 | fockea crispa

告知:fockea crispaは四国に渡ります

ぼくが参加しておりますfockea crispa、今月はがんがんいきますよー!

という訳で今月予定のライブ告知です。

まずはゴートゥシッコク!
四国ツアー。



9月16日(土)
「楽器制作ワークショップとライブ」
@仏生山温泉
(香川県高松市仏生山町乙114-5)
無料(温泉入場料は別途)
※ワークショップは材料費100円

 17:00~ ワークショップ
 18:00~ ライブ
 20:00~ ワークショップ再び
 21:00~ ライブ再び

高松市の仏生山温泉にて、お子様向けおもちゃ楽器作りワークショップ&ライブ演奏。
1日に2セットの予定。
仏生山温泉は、モダンな空間のとてもステキな温泉です!
ひとっ風呂浴びに、ぜひどうぞ。


9月17日(日)
@カフェまるや
http://cafe-maruya.jp/
(香川県香川郡直島町本村777)

昼頃:(無料)
瀬戸内海に浮かぶアートの小島・直島のカフェまるやさんにて、
fockea crispaが皆さまにBGMをお届けします。
どこで、どんな演奏するかはまだ秘密!神出鬼没でお送りします。
散策の休憩に・お食事に・お茶を楽しみに、ぜひどうぞ。


夜頃:(投げ銭ライブ)
参加自由の交流会「ネクストバッターズサークル」にて演奏します。
直島にお住まいの方々、直島訪問中の方々が集まる楽しい空間!


9月27日(水)
@円盤
http://www.enban.org/
(東京都杉並区高円寺南3-59-11五麟館ビル201)
Charge \1000
「日々の音楽」
LIVE:
 沢田穣治+すずえり
 松浦徹(突然段ボール)ソロ
 織茂サブ(尺八)
 fockea crispa

ツアー最終(?)は東京・円盤にて!
四国で揉まれまくったfockea crispaをお楽しみください。



四国ツアーに向けて公民館で練習(+おやつ)の日々。
他にもなにやら色々作ってみたりしております。

d0007234_22172413.jpgバッチとか。

d0007234_22182721.jpgフライヤーとか。

d0007234_22184730.jpgフライヤー作成には、消しゴムハンコが大活躍。

そして先週。練習後にカフェbemch
オーナーさんとお話しているうちに、急遽1曲演奏することに。
四国ツアーの前哨戦と相成りました。
緊張しつつも楽しく演奏。また演りたい!と皆で思うのでした。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-09-06 22:21 | fockea crispa


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧