<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第一回・高円寺ホーメイフェスで歌ってみたり

d0007234_23102416.jpg
※写真は気になるマラカスたち。
勝手に使ってしまいましてごめんなさい!

ということで、急なお話でアレですが何のことかと申しますと、いつもホーメイ練習でお世話になっております素人の乱セピアさんにて、普段練習しているひとたちの発表会を兼ねてイベントをやりましょう!というのがありまして、それが催されたのが11/25。ワタクシめもホーメイ弾き語りで参加しました。

『Eki Attar』と『Opei Khoomei』という、どちらも有名な歌を2曲。ドシュプルール(トゥバの弦楽器)とかあったらよかったんですが、当然持っておりませんのでギターで代用。当初はひさびさにエレキギター使って、エフェクターでドローン作って、、、みたいなことを妄想しておりましたが、突き詰めて考えていくうちに、当初の目的である「トゥバの歌」を第一に考えてアコギ一本で臨みました。

で、ギターを使うと当然ギターっぽくなる訳で、それなら折角だからと少しポップにアレンジしつつ、自分なりにトゥバ歌手の演奏を意識して取り込む感じにしてみました。(偉そう)

その結果、、案の定キンチョーガチガチ、声もリハのようにはいかず。。でもいい勉強になりました。うんうん。

で、イベントの方はというと、まずはホーメイ講座から始まり、そのあと、皆で合唱曲をやってから参加者のソロ演奏へ。他の方々の演目は、シンプルに声だけだったり、合唱、アコーディオン、ループやらヴォイスやら短波ラジオまで飛び出して、と非常にバリエーションに富んだ内容で、皆工夫しているなあと感心。あっという間の数時間でした。

★ ☆ ★ ☆

んーとても楽しかったです。
これを機に、もっと歌寄りの練習にシフトしてみようと思います。
レパートリーも増やしたいなあっと。

ついでに、トゥバ語にも大分興味を抱いておりまして、今回歌った『Eki Attar』など色々調べてみたのをちょいと纏めてみようかなっと。思います。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-25 23:59 | ホーメイ

お食事中に失礼します

ん、なんだ。こういうムーブメントが密かに形成されているのか。
亀のお食事シーンいろいろ。

d0007234_627521.jpg
Doughnut Eating Tortoise
http://youtube.com/watch?v=bAP7njlW-iE

運命の女神の痛手を』の壮大な音楽をバックにドラマチックに...ってなんで。
冒頭一瞬現れる猫のスモーキーくんに遠慮しつつ、ぱくぱく。

d0007234_628718.jpg
Pet Tortoise Eating Tomato
http://youtube.com/watch?v=5a48Yb0SXGY

今度はうってかわってアンビエントな空気に包まれつつ。
遠くで鳴るTVの音が心地よい。ぱくぱく。

d0007234_6282164.jpg
Tortoise chasing a tomato
http://youtube.com/watch?v=h_N_rjkdcKU

更に次は無音の中で淡々と繰り広げられるドラマ。ぱくぱく。
食べたいのにっ!っていう。がんばれがんばれ。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-24 06:57 | 日常

fockea crispa年越しライブ

d0007234_10382873.jpg
さてさて、先日のグレープフルーツムーンで、
fockea crispaは2007年のライブ予定を全て消化しました。

...と思いきや。
大晦日の円盤年越しライブイベントに参加させていただくことと相成りました!
いゃっほぅ。

『年越しライブ』というと、せーのでカウントダウンして

「スリー、ツー、ワン、ゼロ!」
花火がどかーーーん!
カップルがムッチューーー!

というイメージがあるかと思いますが、そんなこともなく、
夕方16時から明け方まで続くイベントのどこかで演奏します。
もし明け方4時くらいの出番になったら、お客さんもぼくらも爆睡必至という。
(ぼくらは普段の練習中に眠くなったりします)

※出演時間決まりました!
fockea crispaは19:30~演奏する予定です。


「円盤の2007年もありがとう!!」
於: 高円寺円盤(http://www.enban.org/
日時: 2007年12月31日 16:00~
料金: 1,000円
出演:
shibata+aen+田口史人/バイナリキッド/fockea crispa/ジャグズ(from岐阜)/長谷川剛/水中、それは苦しい/New Residential Quarters(吉田悠樹+牧野琢磨)/田所せいじ/MY PAL FOOT FOOT/cottonioo/飯田華子(紙芝居)/坂本移動どうぶつ園/三宅ヤスコ/やまのいゆずるバンド/松井繁彦


なんとジャグズさんとご一緒!わーい。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-23 10:56 | fockea crispa

クレイアニメ『The Miraculous Pear Tree』

d0007234_1083713.jpg

http://youtube.com/watch?v=-OBXtbcFlnU

チベット僧と商人、梨を巡るアニメーション。
私欲のためではなく、周りのために振舞いなさい的なお話。

なんですけど、チベットという設定からか中央アジアの音楽を使用。
全編に渡り喉歌を堪能できます。
(ってチベットですからちょっとずれてますが)

d0007234_1013181.jpg

d0007234_10133096.jpg

ぼけーーっと観ていると、突然現れる重低音カルグラにやられる。

というのも、

d0007234_10142395.jpg

YAT-KHA!
ほか、モンゴルのAlthai Khair Khan
ハカスSabjilar
という豪華な顔ぶれです。

って、勝手に使っているんだろうけど。

喉歌と人形がお好きなかたは(いるのか)、ぜひ。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-22 23:59 | 音楽

11/14 fockea crispa@『秘密の底で』終了

d0007234_13451643.jpg
※また写真が撮れませんでしたので、リハ前風景を。

『秘密の底で』ぶじしゅうりょう。
今回は一番手に演奏させていただきました。
経験の少ない(おい)、ライブハウスでの演奏はどないだったか。

とりあえず、モニタースピーカーがあると自分の音がよく聴こえるなあと感銘。
とてもやりやすく、自分なりに気持ちよく演奏できました。

▼11/14『秘密の底で』演目:
1. 波のまにまに
2. ラジオスターの悲劇
3. おてんき・おさんぽ
4. 二度目に見る夢
5. 早朝の川原で花が咲くまでの過程
6. 農協前

今回の共演者の方々は、先週に引き続き皆さん完成度が高く、
そんななかのぼくらのポジションは、割と異質だったかな?

一番手のよいところ、終わったあとは観客モードということでライブ観戦を楽しむ。

d0007234_13573681.jpg

二番手はYOMOYA。憂いを帯びた歌ものポストロック。
多分まだ若いと思うけど、成熟した音で懐の深さを感じる。
関係ないけど、Vo&ギターの方の佇まいが松田翔太を彷彿とさせる。
チューブ状の照明をセットしたりと、演出にも凝っていて見習いたいところ。

d0007234_1411640.jpg

続いてはシガレット・シーワズ。
大人数!だけど日によって編成が違う模様。もっと多い日もあるのでしょう。
かっちりしたアレンジの爽やかな歌モノ。
パーカッションのかたがヴォイスで鳥声をやっているように見えて、
後にお尋ねしたところ、実は携帯の着メロでした。おおぅ。

d0007234_144569.jpg

最後はサタデー・イブニングポスト。
無国籍ヘンテコインストポップス?形容し難い不思議な感じ。
童心溢れるような、しかし計算高いような。
先週のcookin'さんに続きまたノコギリ演奏ありーの。
また、ああ弾きたいよーとなるのでした。
のこぎり使った曲を作らねば。(自己満足)

終演後、ややお酒を呑みつつお話しつつ帰宅。
代々木から自宅まで自転車で移動。

のんびり自転車をこぐ。
...けど疲れた。ぐっすり眠る。



翌日、あわや遅刻。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-14 23:59 | fockea crispa

大阪へ遊びに (2)

やはり、天王寺動物園

公園をぶらぶら歩きつつ動物園ゲートへ。
日曜なので家族連れで賑わう。
なかなか広いのですー。

d0007234_15243296.jpgd0007234_15251926.jpg


d0007234_15245668.jpgd0007234_1525547.jpg


写真はいっぱい撮ったんですけど、どれもちっちゃくぽつん。
お、大阪のファミリーパワーに圧されて近づけなかったのかしら...。
多分、ちょっと近くで観れない感じの作りになっていると思います。

で、動物園の横は新世界。

d0007234_1529122.jpgd0007234_15292872.jpg


来る前に東京で、「荷物に気をつけろ」「裏道には入るな」
と散々脅かされていたので、軽く海外に行く気持ちで臨みましたが、
まあ別にそんなこともなく。
東京で言うと、浅草の裏道に近いものがあるなーと思った。

そんな中、異質な空気の建造物が目に入るのですが、、
通天閣はともかく、あのジェットコースターみたいなのはなんだろう。。

その後、以前に複数経路でお知り合いになった貝つぶさん出演のライブへ足を運ぶ。
服飾デザイナーのかたのイベントで、展示会の奥でライブ演奏という面白いシチュエーション。

展示スペースの方は、大阪を代表するおしゃれさん達が集結。
店員のお姉さんなんか、みんなお人形さんみたいだよ。
う、、、こ、ここかしら。。(ぼくは上着にジャージといういでたち)

おそるおそる伺ってみると、奥でやってますよとのことで。
奥に行くと、、、東京では円盤にいそうなひとたちがいっぱい・笑。
ちょうど始まったところでした。

d0007234_15395276.jpg

一番手、森山ふとしさんはリズムマシーンやサンプラーと思しき楽器を駆使。
ノイジーな感じからだんだんとスピード感ある感じへ。

d0007234_1543178.jpg

2番手はDODDODOさん。エレキで弾き語り。
とにかく楽しそうに歌う姿が印象的。

d0007234_15435794.jpg

続く3番手はpopo。東京でも一度観たことがあって、とても好き。
2度目の今回もやはりステキな演奏でした。

d0007234_15444830.jpg

4番手。neco眠る。いや!これびっくりしました。
ぼくが知らなかっただけと思うけど、
すごく勢いがあって、ぐいぐい引っ張るノリのよさ。

d0007234_15475524.jpg

最後は貝つぶさん参加のFOTA。普段はFUTA9082という名前らしい。
歌もの、なんだけど演奏は即興という珍しい編成。しっとりと。
貝つぶさんノコギリ持参でしたが、即興ゆえに今回は出番なし。

終演後、お話しつつ退散。
すぐ近所の雑貨屋さんdieci"207"でシュライヒ購入。
ほか、お茶や無計画にうさぎクッキー型を購入。
(普段はクッキー焼きません。思いついたように)

その後、街をぶらぶらしているうちに偶然TIME BOMB RECORDSへ辿り着く。
おおーと物色。ガレージロックが充実。
むかし愛してやまなったSwamp Ratsの音源がCD化されていて思わずノケゾる。

夜も遅くなってきて、ふらふらとホテルへ戻る。

あ、、、あれ?仕事でこっち来てたんだっけ。。

と、火曜日まで滞在しましたが、仕事ばかりだったのでそれは割愛。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-11 23:59 | 日常

大阪へ遊びに (1)

いや、仕事の出張でなんですけど。
ついでにいろいろ見て歩いてきました。

新幹線で新大阪駅に到着したのはお昼も過ぎたころ。
さっそくたこ焼を買い食いしつつ、時間が中途半端だしどうしようかなあと思案。
「まあ間に合うか」ということで、万博記念公園へと足を運ぶ。

d0007234_14254155.jpg

一路、地下鉄とモノレールを乗り継いで。
公園入り口には太陽の塔がそびえ立っていて、おおー。
な、中に入ってみたい。。後生だからおねがい。
(もちろん入れませんでした)

d0007234_1429459.jpg

うらのかお。

万博記念公園内には、他に「国立民族学博物館」なるものがありまして、
これまた興味をそそる。さっそく中へ。

d0007234_14304223.jpg

入ったところにどーんと鎮座する巨大手回しオルゴール。

(ややうわずった声で)
ぼく:「こ、これオルゴールですか?!」

受付:「はい、そうですよー」

(おそるおそる)
ぼく:「これ、音聴いたりとか....」

(すまなさそうに)
受付:「すみません、毎日11時から15分間だけ鳴らしているんですよ」

ぼく:「ですよねえ」
(がっくり)

と、ロッカールームに荷物を入れて館内を観て回ろう、、、と思ったところ、

受付:「お客さま、今聞いてみたら鳴らせるそうです!」

ぼく:「ええっ(嬉)!」

という訳で、親切にも音を聴かせていただきました。
(※博物館の状況によると思いますので、無理にお願いしないように!)
でっかい譜面をがしっ!とセットして、お姉さんがハンドルをぐいっと回すと、、

!!!

パイプオルガン的大音量と、左右についたドラムとシンバルが打ち鳴らされて、
一瞬にして博物館は遊園地の空気となりました。すげーーー。

お姉さん:「どうぞ、鳴らしてみてください」

ええっいいんですかーーー。

嬉々としてハンドルを回す。

!!!!

すげーーーーー。
しかしハンドルを一定に回さないと音楽にならない。
なかなか難しいなあ。

と、館内は午後過ぎてあまり人がいなかった、、、はずなのに。
オルゴールの音に惹かれてわらわらーっとひと(主に子供)が集まってくる。

お姉さん:「はい、皆さん鳴らせますよー。並んでねー」

しかしこの状況。

オルゴール待ちの子供の行列。

の先頭がぼく。

ぼくおとなです。

鳴らせて満足なので順番を早々に譲る。(当たり前)

d0007234_14402652.jpg

その後、しばらく館内にステキな音が響き渡るのでした。
遠くに聴こえてくるのも心地よい。
常設展を観るために2階へ。

受付を済ませて入場すると、おおーなにやらそそられるものがごろごろと。
ここ、世界各地方に分けて生活用品やら衣装やらがずらりと展示されていまして、
それを通して文化への理解を深める、という主旨の模様。

とにかく広くて、とにかくいっぱい展示してあります。
とにかく楽しいです!機会があったらぜひ足を運びましょうー。

d0007234_14245570.jpgd0007234_142568.jpg


d0007234_14463039.jpgd0007234_14465651.jpg


d0007234_1448536.jpgd0007234_14498100.jpg


d0007234_1453058.jpgd0007234_14495770.jpg


d0007234_145182.jpgd0007234_14512623.jpg


d0007234_14525084.jpgd0007234_14494011.jpg


中国の少数民族、リス族の聖歌隊による合唱のビデオが流れていまして、
それが感動的なまでに神々しく、美しすぎました。しばらく動けず。
(前述の一番最後の写真は、リス族の民族衣装)

その他、ガムランを鳴らせるコーナーなどもありました。
念願の、ガムランの花形!ゴング(最も低音を担当する楽器)を鳴らす。
ぐわんぐわんわんわん....。

...と、いろいろ観ているうちに時間を使い果たす。
(けど全部きちんと観れなかった)
公園内には日本庭園もあったのだけど、そちらは断念。

ホテルへ向かってゆっくり休む。
明日は大阪に来たのだし、やはり。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-10 23:59 | 日常

11/8 円盤ライブ終了

d0007234_813917.jpg
ぶじしゅうりょうー。
観てくだすった皆々さまありがとうございます。

今回は最初に新しい曲を持ってきてみました。
練習で大分慣れたと思っていても、人前で演るのはやはりまた違うなあ。

荒野を行く馬車、揺られるへちま、それを狙うねずみ、やがて訪れる幸福。
そんな曲です。

▼2007.11.08 円盤ライブ演目
1.へちま
2.Strange Plum
3.おてんき・おさんぽ
4.二度目に見る夢
5.早朝の川原で花が咲くまでの過程
6.農協前

この日はキッチンさんのレコ発も兼ねてということで、
キッチンさんcookin'さんへ(勝手に)捧げる台所カバー曲というのを用意したりして、
そこで久々にのこぎり弾く予定だったものの、練習不足で残念ながらお蔵入り。
でもひさびさののこぎりは、やはり楽しいー。もっと使います。

d0007234_8135841.jpg

cookin'さん。
使用楽器もろかぶり。しかし演奏上手でかくも違うものになるのかという。
マイク無しなのにバランスもバッチリでした。ステキな響き。
のこぎりがまたロマンティックな調べでステキな響き。

d0007234_8165682.jpg

トリはキッチンさん。
男女ふたりの歌がとても楽しげで、聴きながらダンサーのように身体をふらふら~。
シンプルだけど色々なカラーの曲が次々と飛び出てきました。
さりげなくMCがおもしろい。

☆ ★ ☆ ★

キッチンさんcookin'さん、それぞれライブ前に大将(焼き鳥屋さん)に立ち寄りとのことで、
これはやはり円盤ライブの秘訣か。ここから学ぼう。

★ ☆ ★ ☆

ライブ演奏しに行ったはずなのに、

d0007234_8284819.jpg

なぜか口琴がまたひとつ増えました。
(円盤さんでは口琴も取り扱っています)
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-08 23:59 | fockea crispa

The Red Krayola with Art Language - Sighs Trapped by Liars

d0007234_0535333.jpgむかしむかし、ぼくがまだ学生の頃にはガレージ/サイケデリックな音楽が(あ、リアルタイムではないです...自分の中で)大ブームで、その時にレッド・クレイオラのファーストを聴いて「なんじゃこらー」と思い、いかにもなジャケに惚れ惚れとして、メイヨ・トンプソンのソロを聴いてズレズレ感に見舞われたりしながら青春を過ごしました。

と、その後サイケデリック畑を卒業して(というか派生して)、Flying Saucer AttackやらSpacemen3などを聴きだした辺りから友達がぐっと減っていった訳ですが(これをリアルsonicboom病という)、それはそうと、レッド・クレイオラに関しては『メイヨ=変人』というひとつの印象だけが残りました。

そして現在。忘れた頃に聴いてみて、やっぱり変人だったことを再確認したのが前作『Introduction』。どういうつもりなんだ一体、という憧れを抱く。

で、この度クレイオラの新譜ということで、得も知れぬ嬉しさをもってお家に連れて帰る。

あいっかわらず前置きが長くなってしまいましたが、あれです。レッド・クレイオラの新譜買いましたよって話です。前回『Introduction』の布陣をベースに、Art & Languageとのコラボ/詞もArt & ~ が用意/ジム・オルークが一枚噛んで/メイヨさんは歌わずに女性Vo.をメインに立てて、、、てな感じのアルバム。たゆたう女性Vo.の美しさ。空気がとてもしっとりしていて、でも2回転半くらい捻れているような、そんな感じです。この深い空気感はその昔のサイケデリック・ユージックを彷彿とされるなあと布団のなかで考えつつ、ってクレイオラ自身が元々そこから出てきたのではないかと思いぷっと笑ってしまう。

これ、聴くたびにどろどろとやられてしまい、何度も何度も何度も繰り返して聴いてしまう秋の夜長。なのでした。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-05 23:59 | 今日の1枚

the flamin' groovies - Teenage Head

ああ、また最近あまり書いてないなあ。
寒くなるにつれて何事にも億劫になるといいますか。
これではいかんなあ、と気を引き締めてまいります。

▼ △ ▼ △

「どんなの聴くの?」「どんな音楽が好みなの?」
とまあ、会話の中で出てくる機会も思いますが、
ぼくはいつも返答に詰まったりもします。

こう見えて割と色々なものが好きだったりしまして、
そうすると一言でなかなか言い表せないものですよねー。

そこでたまにはと、何が共通点かと思案してみたり。
すると、ジャンルに限らず思いつくものがひとつ。

それは何かと言うと、芯が一本びしっ!と通った音楽が好きなんです。
それが信念であったり世界観であったり、勘違いでも構わないのです。

なるほどー、家でひとりなっとく。
今度からは前述の問いにも困らずに済むなあ。

d0007234_22232035.jpgと、物凄い勢いで話が逸れましたが、本日の一枚はFlamin' Groovies!久し振りに棚から引っ張り出してみる。先の『芯』の話で言うところの勘違い系であることは、ジャケからもプンプンと伝わってきます。ダン・アームストロングのクリスタルギターが泣かせる。


内容の方はというと、よくあるロックな感じ。なんですが、いいんです。芯が通ってるから。ちなみにCDにはボーナストラックが収録されているのですが、これがまたロック・スタンダードナンバー目白押しって感じで、こっちの方が本編よりいいのではないか、というくらいノリノリでござんす。

ところでflamin' grooviesというと1stアルバムが有名で、ジャケも

d0007234_239279.jpg


こんな感じのかわいい絵で、見覚えのある方も多いと思います。
やはり印象が強いのか、この路線はのちのベスト盤でも採用。

d0007234_2312771.jpg


それが3rdアルバムでは

d0007234_23124455.jpg


これだもの。

そんなとこも好き。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-11-04 23:14 | 今日の1枚


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧