カテゴリ:音楽( 125 )

オクムラユウスケ、3月に円盤来襲!

d0007234_1824038.jpg
2006年のハイコレ東京、2007年の円盤ジャンボリーと立て続けに鮮烈のパフォーマンスを魅せた地獄系フォークシンガー、オクムラユウスケさんが3月に円盤にやってきます!

3/23(金) 「日々の音楽~優性遺伝子~」
@高円寺 円盤(http://www.enban.org/
OPEN/ 19:00-
Charge/ 1,500yen
LIVE/ オクムラユウスケ(from福岡)、ホライズン山下宅配便

そして、先日の円盤ジャンボリーでのライブを収録したDVDも発売予定とのこと。
ますます目が離せませんー。

オクムラユウスケ 続・個人情報
[PR]
by yoshi_nora | 2007-02-18 18:14 | 音楽

Julie Doiron、ニューアルバムをリリース

d0007234_0341212.jpgd0007234_0342082.jpg

Julie Doironが今月ニューアルバムをリリースします。
事あるたびに書いていますが、ぼくはJulie Doironの歌声が大好きなのです。
特にソロ初期の月夜を彷彿とさせるような静けさ、透明感がたまらないのですが、
今回も前作からの引き続きでバンド編成での作品のようです。
(バンド編成も、それはそれでまたよい。...ってただのファンだあね)

jagjaguwarのニューアルバム紹介ページで試聴することができます。


d0007234_12332.jpgJulie Doiron - Woke Myself Up
※左メニューの「DOWNLOADS」から
『No More』と『Me and My Friend』をクリック
(2007/1/6現在)


2曲とも、これまでとは違う路線の新しいものが感じられます。
『No More』は音楽のみ、バンド編成の曲。
『Me and My Friend』はビデオで、アコギ弾き語り。
ノスタルジックな映像と雰囲気、優しい歌声。
[PR]
by yoshi_nora | 2007-01-05 23:59 | 音楽

MAHER SHALAL HASH BAZ ニューアルバム&全国ツアー

d0007234_1173873.jpg
来年1月23日、MAHER SHALAL HASH BAZのニューアルバム『他の岬』がKレーベルからリリースされます。

そして更に、2月には他のKアーティストと共に全国ツアー予定。



a K show case tour 2007

▼2月7日(水) せんだいメディアテーク スタジオシアター
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、向井千惠 (Che-SHIZU)、ONNYK、yumbo+瀧原弘子 (三角フラスコ)

▼2月8日(木) 武蔵小金井 アートランド
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、灰野敬二、鈴木健雄、PAN

▼2月9日(金) 渋谷 O-NEST
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、moools、Tenniscoats

▼2月10日(土) 名古屋KD japon
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、Lullatone、ジョンのサン

▼2月11日(日) 京都 UrBANGUILD
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、Perfect Dancer、カルコ(吉田省念+鈴木ちひろ)

▼2月12日(月) 梅田 Shangri-La
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、夢中夢 、オシリペンペンズ、赤犬、他

▼2月14日(水) 松山 モア・ミュージック
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ

▼2月15日(木) 大分 AT HALL
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、山内桂、clavinotes

▼2月16日(金) 防府 印度洋
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、小玉たまこ、他

▼2月18日(日) 広島 OTIS
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、倉本高弘、玉柳輝樹、佐伯雅啓

▼2月20日(火) 渋谷 O-NEST
出演:アーリントン・デ・ディオニソ、カール・ブラウ、工藤冬里、MAHER SHALAL HASH BAZ、二階堂和美、イトケン、他



個人的にはmooolsとテニスコーツが出演のO-NESTが本命かなあ。
その他、行けないけど山内桂さんが気になります。
こっち(東京)来ている時にはなかなか観る機会が合わず。

で、Kのweb上(というかYouTube)にて、
ニューアルバムからの曲のライブ映像を試聴することができます。

How Long Will You Forget Me
d0007234_1362929.jpg

[PR]
by yoshi_nora | 2006-12-20 23:59 | 音楽

真冬の祭典・円盤ジャンボリー6

d0007234_1538.jpg
さてさて今冬もお祭です。じゃんぼりー!

円盤ジャンボリー6 初体験スペシャル!
@渋谷o-nest
前売り\2000 当日\2500 通し券\5000

<初日> 1月12日(金)
Open/ pm6:30
Start/ pm7:00
「ドラびでお祭!」
ドラびでおワンマン
ゲスト:猫ひろし/佐伯誠之介(from宝塚)/新世界ゴールデンファイナンス(金粉ショーfrom大阪)
明日の予告LIVE:水中、それは苦しい★

<2日目> 1月13日(土)
Open/ pm4:30
Start/ pm5:00
「初体験スペシャル&SHOWCASE 1」
植野隆司(テニスコーツ)+半野田拓★/エモリハルヒコ&NOB(紙芝居ならぬエシバイ)/オシリもんだい(オシリペンペンズ+にせんねんもんだい)★/煙巻ヨーコ+mimiZ★/元気いいぞう/佐々木匡士(vo,g)+山本達久(ds)(from山口)/ジャグズ(from岐阜)/自由(from大阪)/田所せいじ★/飛頭(ミドリトモヒデsax、菊地雅晃b,electronics、塚本真一kbd、イトケンds)/のうしんとう(from名古屋)★/悲鳴★/百蚊(from福岡)/フラテン(from山口)/ホース(宇波拓らによる大編成のナニカ)/マヒルノ/ミドリ(from大阪)★/三宅ヤスコ/森本アリ(三田村管打団、ファンクラブオーケストラジャパンetc)(from神戸)/山田広野(活弁)★

<3日目> 1月14日(日)
Open/ pm4:30
Start/ pm5:00
「初体験スペシャル&SHOWCASE 2」
あふりらんぽ(from大阪)★/ECD★/ICHI(from名古屋)/エーツー/オクムラユウスケ(from京都)/おにんこ/角煮(from札幌)/川染喜弘/巨人ゆえにデカイ(from大阪)/坂本移動どうぶつ園★/桜井真樹子(白拍子)+久下恵生(perc)/自由(from大阪)/ジョン(犬) ★/竹田和也(%ホセ)/ツポールヌ/D.V.D./とおみねとおこ/トクマルシューゴ★/パニック・スマイル★/ヤツマターズ(須藤かよpf,vo、徳久ウイリアム幸太郎vo、立岩潤三perc)/柳家小春/湯浅湾/ユダヤジャズ/ヨルズインザスカイ(from神戸)

12~14日展示:俵谷哲典(絵)

★印は、人前でやったことのない何かをやりますとのこと。

煙巻ヨーコ+mimiZ!(前回は空気が変わる凄み)
元気いいぞう!(いいぞういいぞう)
飛頭!(bemchライブご一緒した塚本さん参加)
百蚊!(何気に東京ライブかかさず観てる)
オクムラユウスケ!(今回もギターは宙に浮くか?)
巨人ゆえにデカイ!(でけーって言いたい)
ジョン(犬)!(いつも楽しい。&一度着たい)
トクマルシューゴ!(★印に楽しみ)
パニックスマイル!(前回観た時は骨折してた)
ヤツマターズ!(編成変わってから初観)

そのほかも全部たのしみ。

ぼくは2、3日目に観戦予定です。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-12-15 01:07 | 音楽

音楽を奏でるは仏陀の心

fockea crispaのメンバー、彩りを担うサルビア嬢。
以前、彼女が旅行先で面白いものを購入してきました。
プラスチックの箱に漢字と仏の模様。
ボタンを押すと流れるは、お経の声。

簡易お経マシーンとでも言うべきかそれは、ボタンを押すと曲も変わる優れものでして、
2つ購入して同時に再生、ローテクにRemixなどして楽しんでいた訳ですが、
そこからひとつの野望が彼女の中から沸々と。

『これで作品を作りたい』

いやはや、いつも彼女の発想には敬服するばかりですが、、、

、、、ありました。

d0007234_23382.jpg

なんと、彼女と同じコンセプトを実行しているひとがお隣中国に。
お経マシーンは、「buddha machine」という洗練された名前とポップなボディ、
お経の代わりにミニマルなループサウンドを奏でるという
モダンな姿に生まれ変わりました。

中国は北京在住、FM3による作品で、オランダ~ドイツのトンガリレーベル、
staalplaatからのリリースです。
日本国内ではontonsonにて取り扱い中です。

FM3のサイト内の「buddha machine」構造解説を引用すると、

d0007234_2545198.jpg

という感じで、中の基盤の中央には小さな仏様(図中『心』)が鎮座されておりまする。
これによって音楽が奏でられているという訳ですな。

ありがたや。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-12-04 23:59 | 音楽

トクマルシューゴ at JANIS

d0007234_058036.jpg御茶ノ水のレンタルCDショップ、Janisへ。トクマルシューゴさんのフリーライブを観に行ってまいりました。ちなみにトクマルさんのライブは今回初めてです。開始頃になると、イベントスペースにはかなりの人が集まっておりました。

ライブの方はエレキ+ディレイを使っての弾き語り。アナログ、デジタル色々組み合わせて色々な音を繰り出していました。バックのスクリーンにはマシュマロマン。持ち時間が余り気味なのか、ややはにかみつつのMC。ちょっと時間を時間を残しつつも「ま、まあ、今日はこの辺で」と終演。でもちょうどよいボリュームでありました。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-11-26 23:59 | 音楽

ドラム缶、のこぎり、象、影絵

d0007234_95813.jpgd0007234_9581760.jpg

今日はfockea crispa練習後、メンバー揃って西荻窪FALLへ、
陶芸家・比留間郁美さん個展のクロージング・パーティを観に行く。
ちょっと裏道に入ったところにあるのだが、
その周辺は興味をそそられるお店いろいろあるようだった。

d0007234_959346.jpg

スティールパン・ユニット「Combo Caribe」の演奏からスタート。
スティールパン演奏は初めて生で観るのですが、
のっけから砂被り席で鑑賞できた。明るく優しい音のアンサンブル。
陽気なような繊細なような不思議な音。
終了後お話を伺うと、国内ではメンテナンスできるひとが少なく、
チューニングなど調整ですら難儀するとのこと。
スティールパン職人は引く手数多だなあと妄想。

d0007234_1015473.jpg

続いてゾフスキーズ
ヒネモス関連歌ものユニット。
ペダルをぐいっと踏むと象のゾフスキーくんがいななき鈴を鳴らす。
唄+ギター+ニ胡+チューバを核に、トイピアノやのこぎり、おもちゃ鳴り物など。
ヒネモスと同じく、観ていると楽しくなってくるこの感じ。
とても小さな30cmくらいののこぎりもあって、ダイソーで売ってると教えていただく。
これもきちんと弓で弾けるものなのだらうか。

d0007234_1043031.jpg

最後は影絵ユニット「ジオラマ」。
切絵作家の藤野真由子さんと行雲流水の高橋智之からなるユニットで、
ドッペルゲンガーをモチーフにしたお話。
ちょっと怖いような、しかしながらかわいい登場人物に笑いも起きる。
適度なアナログ感。

以上で終演。

帰り際、魚達を2匹つれて帰りました。
d0007234_1054464.jpg

[PR]
by yoshi_nora | 2006-11-25 23:59 | 音楽

映画 『AMERICAN HARDCORE』 12/23~ロードショー

d0007234_2455688.jpg

シアターN渋谷にて、
12/23(土)~翌年1/19(日)まで、レイトショー(21:10~22:58)上映予定。
※12/31(日)、1/1(月)は休映

その名の通り、アメリカン・ハードコア・シーンのドキュメンタリーフィルム。
宣伝文句をお借りいたしますと、

「インタビュー総勢94名、使用楽曲76曲、全60バンドをフィーチャー」

とのことで、充実した内容を期待します。

海外オフィシャルサイトの方も、資料や写真、試聴曲など充実した内容。
関連バンドのリンク集なども盛りだくさんです。
上記画像のハードコア生息分布図も同サイトからお借りしました。
これでTシャツでも作ってくれないものか。

▼オフィシャルサイト(※音でます!要注意)
http://www.sonyclassics.com/americanhardcore/
[PR]
by yoshi_nora | 2006-11-20 23:59 | 音楽

斉藤友秋(ex.細胞文学)+アベミキ LIVE at 高円寺コクテイル

投げ銭ライブ。

仕事も早く終わっての帰り道、
いつも店構えが気になっていたコクテイルということでフラリと立ち寄る。
お店のカウンターには古本が並んでいて、
ひとりでも落ち着けるよい感じのお店でした。

ライブはアベミキ氏→斉藤氏×2回の2部構成。
アベミキ氏弾き語りの時はギター、
斉藤氏弾き語りの時はヴォーカルにマイクを使っていたが、
なぜだかどちらも演奏も音のバランスよくキレイに聴こえた。

アベミキ氏単独弾き語りを観るのは初めてかもしんない。
バンド編成よりもシンプルな分、よい曲を書くなあと改めて感じる。
噂通り(?)、ほろ酔い2回目の演奏の方がよかった。

斉藤氏、バンドの細胞文学含めて未聴だったが、
独特の間の取り方と熱いようなクールなような印象強い唄、
後半参加のチェロ演奏にすっかりやられる。

終了後、斉藤氏からCDを購入。
お話を聞くと、京都在住ながら東京で演奏する機会が多いとのこと。
細胞文学(こちらはエレキギター+チェロ、らしい)も観てみたい。

アベミキ
細胞文学
細胞文学 MySpace試聴
[PR]
by yoshi_nora | 2006-11-10 23:59 | 音楽

福岡オールスターズ - ハイコレ東京2DAYS・最終日

昨日に引き続き。

会場に辿り着くと、昨日から続けて観ているかのような錯覚。
これまた昨日に引き続き、とびっきりのアメリカン・ジョークで開幕。

メインステージ/1 - i know i know i know
→とてもカラフルで繊細な音使いと適度な隙間が好みです。

サイドステージ/1 - オクムラユウスケ
→地獄フォークの名に恥じぬ地獄っぷりを発揮。
地の底に這う強烈な生命力。

メインステージ/2 - ANA
→まだ若いのに堂々たる立ち振る舞いとステージアクションの上手さに感嘆。

サイドステージ/2 - 井上周一
→渋いブルース...は、やっぱ止めて弾き語り。
型に決まっていない自由な演奏。

メインステージ/3 - MOTH
→サンプラー+パーカッションうさぎによる激しい扇動で、
フロアがあっという間に爆発状態。

サイドステージ/3 - INN JAPAN
→いつも通り・笑。向かって左の彼の細かい小ネタがちょっと好き。

メインステージ/4 - ガロリンズ
→貫禄のガールズパンク。激しい演奏とキュートな歌声。

サイドステージ/4 - 奇奇と裸裸
→昨日のベストアクト・オオクボT再び。地球上でもっとも濃いデュオ。
まる!

メインステージ/5 - nontroppo
→円盤ジャンボリーの時もよかったが、更に爆発的なノリが凄まじい。
言葉通り宇宙へと誘ってくれました。

終了後、外へ出ると砂漠ではなかったが激しい雨が待っていた。
あと1日続いたらきっと社会復帰できなかったことでしょう。
[PR]
by yoshi_nora | 2006-10-22 23:59 | 音楽


昨日今日明日


by yoshi_nora

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

近況

★3月下旬のタルバガンによるワークショップは中止にしました。日を改めて開催しますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

★のびやかなおんがくを奏でます。fokcea crispaはこちらから
♪♪♪♪♪

カテゴリ

全体
音楽
気になる
日常
今日の1枚
キルギス
ホーメイ
fockea crispa
プロフィール
2007イギリス
2009ブータン
2010トゥバ

最新の記事

フンフルトゥとフーンフールトゥ
at 2012-06-21 07:06
5/29(火) 「キルギスの..
at 2012-05-23 02:58
フンフルトゥ/トゥバ共和国の..
at 2012-05-07 05:09
Frippertronics
at 2012-03-31 23:13
2/4(土) 『キルギスの伝..
at 2012-01-31 07:55

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
more...

その他のジャンル

twitter

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧